24歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

24歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

24歳で、恋人なしの独身。恋愛はいつでもできるし、結婚なんてまだまだ先と思っていませんか?

そんな方は、あっという間に窮地に追い込まれてしまうかもしれません。24歳は20代前半の最後の歳。ぼやぼやしていたら、気づいた時には三十路独身ゾーンに突入してしまいますよ。

そうならないためにも、24歳の恋愛事情や結婚事情、婚活事情を把握し、これから何を解決していくべきか、検討していきましょう。

24歳の実情

24歳の実情

24歳はまだまだ若い年齢と思われがちですが、20代前半最後の年齢。この年齢で何年もの間彼氏なし、結婚願望なしでは問題があると言えるでしょう。

平成22年に調査された24歳の未婚者数は、505,981人。未婚率に換算すると79.72%に及びます。

まだまだ結婚している人は少ないから私も大丈夫と思っている方も、今から対策を取らなければ、何も変化がないまま30代を迎えることになってしまいます。

友人10人中2人は結婚しています。8人が結婚していません。

24歳 平均
既婚率 20.28%
未婚率 79.72%
24歳年収 314万円
24歳貯蓄額 146万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収貯蓄 転職サービスDODA 

恋愛者数の減少

24歳の未婚率は79.72%と全体の8割近い数字です。このことから自分もその他大勢と同じと、安心する方も多いようですが、深刻なのが恋愛をしている人たちの人数も少ないという事実です。

近年、若者の恋愛離れが加速していることをご存知でしょうか。20代前半といえば、恋愛を謳歌している頃ですが、近年の24歳は恋愛より友達や一人の時間を優先するようになっています。

これでは、結婚はおろか恋愛経験もしないまま、歳を重ねることになってしまうでしょう。

将来をシミュレーション

将来をシミュレーション

24歳で恋人がいない状態であった場合、将来はどのようになっていくのでしょうか。

恋愛は相手がいて初めて成立するものです。また相手と出会い、お互いの気持ちが合致しなくては恋人同士になることはできません。告白するにしても、受け止めるにしても自発的に行動することが重要になります。

しかし、このまま恋愛に対して消極的になるほど、恋愛経験が増えず、結婚を考え始めたとしてもイマイチ相手の理想像が浮かんでこない事態に陥ってしまいます。

歳を重ねるごとに相手への理想は膨らみやすく、理想の相手がいたとしても既婚者ということもあるでしょう。

また相手と巡り合うチャンスがあったとしても、それを恋愛や結婚へと結び付けにくいことから、どんどん恋愛や結婚から遠ざかってしまうことになるのです。

まずは出会いから

まずは出会いから

24歳で恋人がいないという方は、結婚観のあるなしに関わらず、とにかく異性と出会う機会を増やしてみましょう。恋愛を経ていかなければ、結婚という存在がリアルに感じられないからです。

異性と出会う場所はいたるところに潜んでいるものです。まずは周りをぐるりと見渡してみましょう。周囲の男性に魅力的な人はいないか、リサーチしてみるのです。

恋愛モードに入っていない人ほど、近くの出会いに気づかないもの。仕事の同僚という意識や、趣味の仲間という意識を取り外して、一人の異性として観察してみることで、思わぬ魅力を再発見することもあるかもしれません。

また、そのような視点で周りの男性を見ることで、自分の好みの傾向もだんだんと把握できるようになってくるでしょう。

いつもと違う会話をプラス

いつもと違う会話をプラス

仕事関係や趣味仲間など、近い人たちの中から異性として意識できる人がいた場合、どのようにアプローチしていけばよいのでしょうか。

今まで仕事モード、趣味仲間として接してきたことから、急にプライベートな感情を出すのは難しいものです。また、相手もびっくりしてしまうでしょう。

ちょっといいかな?と感じる人には、いつもの会話にちょっとプライベートな会話をプラスすることを心掛けてください。例えば、「今日のお昼何にしようかなぁ。昨日何食べました?」という会話から、好物や食の好みなどを聞き出してみると、相手のプライベートな情報を聞き出すことができます。

また、「そのネクタイ初めて見た気がします。プレゼントですか?」と聞いてみることで、相手に恋人やパートナーがいるかどうかを確認することができるでしょう。

さりげなくプライベートな会話を織り込むことで、相手に対しても親近感を持つことができますし、相手も打ち解けやすくなります。

食事の共有

食事の共有

周りにいる人たちでちょっといいかも、と思う人がいたら、食事に誘ってみましょう。だからといって、いきなり二人きりで食事をする必要はありません。

仕事の合間のランチなら、複数人で同じお店に行きましょう。趣味の仲間ならさりげなく隣に座ってみることで、会話も弾みやすくなります。

食事を一緒に食べることは、共通の意識が芽生えやすく、食べ方で相手の育ちや品などをリサーチすることができます。

また、食べ物の好みが似ているということは、自然と相手に対して好感度が高くなります。このことからも、食事を定期的に共有することが、大切になると言えるのです。

周りに異性がいない

周りに異性がいない

24歳で恋人がいない方は、まず周りを観察し、興味のある人とコミュニケーションを取ることが重要とご紹介しましたが、周りに異性がいないという場合や、いたとしても興味がわく人が全くいないということもあるでしょう。

そんな時は、知り合いや友人を通じて紹介してもらうこともひとつの方法です。そのためには、恋人がほしいと周りにアピールする必要があります。24歳という年齢ですから、まだ恋人がほしいとアピールしても深刻には受け止められませんし、紹介する方も気楽に紹介することができます。

周りにそんなことを公言するのはちょっと気が引けるという方もいらっしゃるでしょうが、今アピールをしていなくては後々どんどん言いにくくなってしまいます。

29歳や30歳を過ぎてからだと、周囲に恋人を紹介してほしいとお願いしても、付き合う=結婚という可能性が高い為、紹介する側としてもハードルが高くなってしまうのです。

このことからも、周囲にアピールをするのなら、早めにしておくことが大切と言えます。

どうしても言いたくない場合

どうしても言いたくない場合

周りに恋人を紹介してもらうようにアピールすることで、出会いの幅を広げることはできます。しかし、どうしても周囲に恋人がいないことを知られたくない場合や、公言することに抵抗を強く感じる方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、思い切って出会いの方法を変えてみてはいかがでしょうか。例えば、スポーツ観戦が好きな方なら、自宅のテレビで観戦するのではなく、スポーツバーやレストランを訪れてみるのです。

共通の趣味を持つ人で賑わっていますし、1人で訪れている人も多いので、気兼ねなく観戦を楽しむことができます。

また、同じ趣味を持つ人たちと一緒に観戦するので親近感がわきやすく、周囲の人たちとも自然に会話が弾むことでしょう。映画が好きなら、通う映画館をできるだけ限定することで、共通の趣味を持つ人と巡り合いやすくなります。

映画館スタッフと仲良くなる可能性もありますし、日曜の午前中に映画を見る習慣を持つようにすれば、同じリズムの人を見つけられるかもしれません。

大切なのは、家ではなく外に出向く機会を増やすということなのです。

結婚観を育てる

結婚観を育てる

さて、これまで恋愛していない人に対して出会い方などをご紹介してきましたが、24歳で恋愛をしている人たちは今のままでよいのでしょうか。

恋人はいるけれど、イマイチ結婚願望はないという方も、要注意と言えます。なぜなら、24歳という年齢で結婚を意識していないのは、リスクが大きいからです。

恋人がいる分、いつでも結婚できるという錯覚に陥ってしまうからです。例えば、今お付き合いをしている人といつか結婚できればと考えていても、相手に全く結婚願望がなければ将来のパートナーにはなれません。

また、恋人としては良いけどパートナーとしてはちょっと・・という相手なら、恋愛している時間が長ければ長いほど、良い恋愛と結婚のチャンスを逃してしまうことになります。

ずるずると付き合い続けていると、次に付き合う人で結婚まで考えなければならなくなり、余計に次の人と付き合うハードルが高くなってしまうでしょう。

パートナーとしてあり得ない相手なら、早めに別れなければ、25歳、26歳とどんどん年齢は進み、あっという間に30歳を過ぎてしまいますので、早めの決断が重要です。

20代で結婚したいなら

20代で結婚したいなら

24歳で独身。でも結婚は20代までにしておきたいと考えるなら、今すぐに婚活をスタートするべきです。

なぜなら、思っている以上に時間がないからです。例えば27歳までに結婚したいなら、26歳までにはプロポーズされる状況になくてはなりません。

お互いを将来のパートナーとして認識できる期間には個人差がありますが、1年くらいは最低でもお付き合いをしておくべきでしょう。

そうなると25歳には相手を見つけて付き合っておかなくてはなりません。付き合うにはお互いをある程度知る必要がありますから、24歳のうちにいろんな相手を探して、好みの人を探し始めなくてはならないのです。

現在独身なら、周りの人に紹介してもらったり、婚活サイトで紹介してもらったりする必要があります。1、2回の紹介でよい相手に巡り合えるなんてことはほとんどありませんので、あっという間に半年、1年と過ぎてしまうでしょう。

だからこそ、24歳という年齢でも、将来を見据えて婚活をスタートする必要があるのです。

 まとめ

このように、24歳の恋愛や結婚、婚活の実情と解決方法についてご紹介しました。恋愛に関心がない、現在恋人がいないという方は、まずは相手と出会うことを大切にしてください。

また、20代までに結婚したいという方は早めに婚活をスタートさせておきましょう。24歳という年齢ならニーズもまだまだありますし、男性側もアプローチしやすいので、出会いや恋愛のチャンスは広がります。

より良い相手と巡り合いたい、恋愛をしたい、いつかは結婚したいと思うなら、今から行動に移していかなくてはなりません。将来の自分の為にも、24歳という年齢を無駄に過ごさないようにしましょう。

  1. 友人よりも先に結婚したい。けど行動力が無い
  2. 最近周りが結婚し始めた。
  3. なぜあの子がいきなり結婚? みんな内緒に婚活しているの・・
  4. 結婚の負け組になりたくない 準備しないとマズイ
  5. この先 結婚対象の出会いはあるのか?
  6. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  7. 仕事で恋愛、結婚どころではない。どうにかなるさ・・
  8. 親を安心させたい。孫を見せたい
  9. 理想の異性と出会いたい
  10. ランクが高い異性と出会い結婚して見せる
  11. いつの間には遊ぶ友達がいなくなった・・
  12. 独りでの週末が辛い
  13. 飲み会が減ってきた
  14. 仕事をがんばりたいが子供は欲しい。
  15. 家族が欲しい
  16. 出会いはないが30歳まではまだ時間がある大丈夫!

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較