27歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

27歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

現在27歳という年齢の方へ。結婚についてリアルな重圧を感じ始めている時期ではないでしょうか。

友人たちの結婚、親からのプレッシャー、同期の退職など、さまざまなプレッシャーがありとあらゆる方向から押し寄せてくることでしょう。

実は、27歳という年齢は結婚について非常にリアルに感じ、周りのプレッシャーもじわじわと重くなってくる時期なのです。

27歳のリアルはどんな状態なのか、またさまざまな問題の解決方法についても幅広くご紹介していきましょう。

把握しておきたい27歳未婚率

把握しておきたい27歳未婚率

27歳で結婚をリアルに考え始めてくるのは、周りに結婚する人たちが増えてくることがひとつの原因です。実際に27歳の未婚率を見てみると、59.46%になっています。

26歳の時点ではまだ66%台であったことから、急速に既婚者が増えている現状を知ることができるでしょう。

未婚率の方がやや高いものの、半数に近い人たちが結婚に至っているため、結婚を非常にリアルに感じることは当然なのです。

27歳 平均
既婚率 40.54%
未婚率 59.46%
27歳年収 371万円
27歳貯蓄額 268万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収 貯蓄 i転職サービスDODA 

30歳まであと3年

30歳まであと3年

27歳が結婚についてリアルに感じ始めるのには、30歳という年齢が迫っているという実感もプラスされています。ふと気づけば20代も後半。急にアラサーという言葉がしっくりしてしまいがちです。

まだ20代だし!という意識はあるものの、30歳まであと3年を切っているという現実は変えることはできません。

その結果、あと3年でやるべきことに「結婚」という2文字が浮上してくるのです。

リアルにシミュレーション

リアルにシミュレーション

27歳という年齢でも、まだ20代だから大丈夫と余裕な方は、一度リアルにシミュレーションをしてみてください。もし現在付き合っている恋人がいるのなら、その恋人と結婚できることになったとします。

27歳で結婚を決意し、結婚式の準備や両家の会食などやるべきことを整えていくとあっという間に1年経って28歳になります。結婚式を挙げ、ハネムーンに行き、新しい生活をスタートさせることから、何かとバタバタ過ぎていくものです。

1年ほど新婚気分を味わった29歳で妊娠。妊娠から出産までは約10ヶ月かかりますから、出産は29歳後半~30歳になります。出産後は育児に追われることになるでしょう。

育児が少し落ち着き、3歳くらいになったら第二子を考え始めることが多く、33歳で第二子妊娠・出産という形になります。

子供を何人授かりたいか、また妊娠しやすい体質かどうかによってもライフプランは大きく異なります。

恋人がいるなら現状を整理

リアルなシミュレーションで、何歳にどのような状態になっているのかが把握できたと思います。

現在、お付き合いをしている恋人がいる場合で、相手も結婚を望んでいるのなら、シミュレーション拍子にトントンと進んで行くこともあるでしょう。

しかし、お付き合いをしている恋人に結婚願望があるとは限りません。27歳ともなれば、お互いに結婚を意識し始めて当然です。

これからのお付き合いを考えるうえでも、現状をきちんと把握し、整理しておく必要があります。お付き合いをしている恋人に、結婚についてどのような考えを持っているのか、聞いてみると良いでしょう。

聞くことの大切さ

聞くことの大切さ

お付き合いをしている恋人がいる場合、27歳という年齢ですから、自然と結婚を意識し始めるものです。相手の反応を知らなければ、後にも先にも進めませんので、聞かなくてはなりません。

しかし、結婚という言葉に躊躇してしまう方もいらっしゃるでしょう。

相手に重く感じられたりしないだろうか、イキナリ別れを告げられたりしないだろうかと不安になりがちです。

しかし、このまま結婚に対する気持ちを確かめないでいれば、恋人気分のまま何年も過ごさなくてはならなくなるでしょう。だからこそ、勇気を出して聞いてみる必要があるのです。

相手の反応について

相手の反応について

お付き合いをしている恋人に、結婚する気持ちがあるかどうか聞いてみると、さまざまな反応が返ってくると思います。

一番うれしい反応は、「そろそろ結婚したいと思っていた」という返事ですが、「え!まだ考えられないよ・・」という戸惑った反応や、「結婚願望ないから」といった不機嫌な態度が出ると、その後どう接していいのかわからなくなってしまいます。

そんな時は、「いつか」というフレーズを付け加えてみましょう。「いつか結婚したいと思っている」のと、「結婚そのものをしたくない」というのでは大きな違いがあるからです。

「いつか」結婚したいというのなら、今は考えられなくてもいずれは結婚したいという気持ちがあることがわかります。

しかし、結婚して縛られたくない、結婚の意味に価値を見いだせないという考えであれば、いくら時間を積み重ねてもその人と結婚できる確率が低いと言えます。

事実婚状態ではなく正式な結婚を望むのなら、関係性を見直す必要があると言えるでしょう。

交際を続けるべきか、別れるべきか

交際を続けるべきか、別れるべきか

お付き合いをしている恋人に結婚願望を聞いてみたところ、「今は考えられないけど、いつかはしたい」という答えの場合、相手が結婚する気になるまで待つべきか、別れて別の相手を探すべきか悩むところです。

しかし27歳という年齢ですからそう待ってもいられません。しばらくの間、結婚についてあれこれ話し合ってみて、どうしても今結婚する気がないというのなら、別れを切り出すのも良いでしょう。

結婚する意志のない相手と時間を共有するのは、ハッキリ言ってムダです。また、相手に「結婚する気がないなら別れる」と伝えることで、結婚に対して真剣に考えているということを理解してもらえるでしょう。

いずれにせよ、ずるずると恋人関係を続けて受けられるメリットはほとんどありません。どうしても恋人しか結婚相手に考えられないというのであれば、「29歳までに結婚したい」など期限を付けるようにしましょう。

恋人がいないケース

恋人がいないケース

27歳でお付き合いをしている恋人がいる場合、結婚の意志があるかどうかで話し合う必要がありますが、問題は恋人がいないケースです。

27歳という年齢になると、ハッキリ言って男性からは恋愛の対象として見られることはないと思っておきましょう。しかし、結婚相手として見られるようになります。

恋愛の対象として見られる場合、異性としての魅力が最大の武器となりますが、結婚相手として意識してもらうためには、家庭的な要素が必要不可欠です。

一生のパートナーとして適切な人かどうか判断される歳ですので、外見だけでなく内面もきちんと磨いておく必要があると言えるでしょう。

男性にとって27歳の女性と付き合うのは、将来の結婚まで繋がると意識せざるを得ません。だからこそ、恋人としてもパートナーとしても魅力的であることが重要になるのです。

どうやって探す?

どうやって探す?

27歳でお付き合いをしている恋人がいない場合、どのようにして相手を探していけばよいのでしょうか。

自力で相手を見つけていくためには、同僚や友人、趣味の仲間などを通じて、いろんな人を紹介してもらうことが必要になります。自分のことを知っている人たちなら、どんな人が適しているのかよく考慮したうえで相手を見つけ、紹介してくれるので安心です。

また、友人や知人の結婚式が増える年齢でもありますから、ただ参加するのではなく独身男性がいないかもチェックしておくことが大切です。

結婚パーティーで知り合うことで、結婚を意識した出会いに繋がりますし、意外と相手を見つけに来る人たちも多いものです。このようなハレの舞台で集まるときは、より周りに気を配るようにしましょう。

たくさんの人と出会いたいなら

たくさんの人と出会いたいなら

お付き合いする恋人を探す場合、周りの友人や同僚に声をかけるのも良いですが、たくさんの人たちと出会いたいなら、お見合いパーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

100人規模で開かれるため、一度の参加でたくさんの人たちと出会うことができます。

また、お見合いパーティーの場合、短時間でも一人一人と話す時間が設けられているため、自分から積極的に声をかけられないという方も、安心して参加することができます。

お見合いパーティーによって、ゲームが組み込まれていたり、フリータイムが長めに設定されていたりするなど、内容はさまざまです。

自分にとって興味がもてるお見合いパーティーを選べば、楽しく相手を探すことができるでしょう。

条件がたくさんあるなら

条件がたくさんあるなら

お付き合いする恋人を探す場合、相手に求める条件がいくつかある場合は、婚活のサイトを活用してみてください。

ただ、将来結婚を考えているのなら、真剣に相手を探すことができる婚活サイトを選ぶことが重要です。サイトによっては単に恋人と出会えればよいという考えを持っている人も登録しています。

さまざまな審査が厳しく設けられている婚活サイトでは、独身証明書が必要であったり、身分証明書の提示が義務付けられたりしています。

本気で結婚相手を見つけたい、けれどさまざまな条件があるからそれは譲れないという方は、セキュリティが高くいろんな条件で検索できるシステムを持っている婚活サイトに登録するようにしましょう。

残り時間を逆算

27歳という年齢ですから、いつまでに結婚したいかを具体的に目標として設定することをオススメします。

リアルなシミュレーションでもご紹介しましたが、何歳でどんな風に過ごしていたいかをイメージすることで、逆算して今の状態と照らし合わせることができるからです。

また、目標が定まれば、ダラダラ婚活するのではなく集中することができるのも大きなメリットに繋がります。

このことからも、いつまでに結婚したいか、何歳でどんなふうに過ごしていたいかを具体的にイメージしておくようにしましょう。

まとめ

このように、27歳の結婚や恋愛事情、婚活の方法やアドバイスについてご紹介しました。結婚という文字がリアルに迫ってくる年齢でもありますから、これからのことについて真剣に考えるようにしましょう。そして今から行動に移すことで早めの結婚へと繋げていってくださいね。

  1. 友人よりも先に結婚したい。
  2. 最近周りが結婚し始めた。
  3. なぜあの子がいきなり結婚? みんな内緒に婚活しているの・・
  4. 結婚の負け組になりたくない
  5. この先 結婚対象の出会いはあるのか?
  6. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  7. 仕事で恋愛、結婚どころではない。どうにかなるさ・・
  8. 親を安心させたい。孫を見せたい
  9. 理想の異性と出会いたい
  10. 27歳10人に4人は結婚してるのか!
  11. いつの間には遊ぶ友達がいなくなった・・
  12. 独りでの週末が辛い
  13. 飲み会が減ってきた
  14. 仕事をがんばりたいが子供は欲しい。
  15. 家族が欲しい
  16. もうすぐ30歳行動しなくては

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較