29歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

29歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

20代最後の年齢、29歳。この年齢になると男女問わずさまざまな事を考え始めます。20代のうちにすべきことはやってきたか、30歳に向けてどのようなプランを立てていくべきか、それぞれの立場で考えることでしょう。

しかし、29歳で独身という方にとっては、結婚という文字が重くのしかかる年齢でもあります。20代のうちに結婚したいという女性が大半の中で、最後の1年となるからです。

29歳で独身女性の場合、1年以内に婚活して結婚することは可能なのか、現状と解決策も交えながら詳しくご紹介していきましょう。

29歳の未婚率について

29歳の未婚率について

29歳という年齢を迎えると、途端に結婚という文字が重くのしかかってくることがあります。それは、多くの人が結婚しているからです。29歳の未婚率は平成22年の時点で46.93%となっています。

28歳までは52.76%と結婚していない人の方が多かったものの、29歳になった途端、結婚している人の方が多くなっているのです。

このことから、結婚していない人は少人数になり、ますます肩身が狭くなり始めてしまうのです。10年前の平成12年の28歳の未婚率は39.28%と平成22年の46.93%と比べると大きな差があります。

これは、近年男女の結婚する平均年齢がどんどん上がっている傾向にあると言えるでしょう。

29歳 平均
既婚率 53.07%
未婚率 46.93%
29歳年収 406万円
29歳貯蓄額 349

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収貯蓄 転職サービスDODA 

晩婚の理由

近年、結婚する年齢の平均が上がる傾向にあると言われていますが、それはなぜなのでしょうか。晩婚の理由にはさまざまなことがありますが、そのうちのひとつが、コミュニケーションの希薄さにあるようです。

昔は、親族や隣近所などと交流する密度が濃く、結婚適齢期に入ってもまだ結婚していない人に、お見合いの話を持ちかけたり、紹介したりする風習がありました。

しかし、近年では誰が結婚しているのかどうかというレベルよりも、隣に住んでいる人がどんな人か知らないということが多々あります。その結果、良い人を紹介するという機会が減り、未婚のまま歳を重ねる人が増えていると言われているのです。

所得の減少

所得の減少

結婚する年齢の平均が上がっているのは、所得の減少が関係しているとも言われています。バブル事態の頃に比べると、同じ29歳でももらっている給料の額は大きな差があります。

バブルが崩壊し、リーマンショックを経験した日本では、所得は増えるどころか減る一方です。経済的な余裕がないことから、1人で生きていくことに精一杯。他人も養うなんて無理と考える男性が増えてきました。

また、その一方で結婚して退職し、専業主婦として楽になりたいという楽観的な女性も増えてきており、お互いのニーズが合致しないことも背景にあると考えられます。

最後の20代をどう過ごすか

最後の20代をどう過ごすか

29歳でも、未婚の人はまだいます。しかし、それで安心して今のままで過ごしていては、何にも進展しません。最後の20代をどう過ごすかによって、30代の人生は大きく変わってくるでしょう。

まず、現実的な問題として20代としてカテゴリされることがあと1年しかありません。

29歳と30歳はたった1歳しか変わりませんが、とてつもなく大きな差があるのです。

例えば、婚活サイトなどのデータマッチングでは、29歳なら20代のカテゴリとして検索対象に入れますが、30歳になった途端そのカテゴリから外されてしまいます。

そのため、より良い相手から見つけてもらえる確率がグンと下がってしまうのです。だからこそ、最後の20代のうちに行動し始めることが重要になるのです。

自然恋愛からではなく婚活から

自然恋愛からではなく婚活から

29歳で独身という場合、自然恋愛を結婚まで結びつけるのは少し難しい面があります。なぜなら、29歳という年齢になると恋愛対象者として男性から見られない傾向が強まるからです。

同じ20代であっても、前半なら気持ちだけで付き合うことはできます。しかし、20代の最後29歳ともなれば、付き合うことで結婚を意識せざるを得なくなると考えられるため、気持ちだけで成立しなくなってくるのです。

男性側は「29歳で付き合うと責任を取らなければならない」と身構えてしまうため、恋愛から婚活していくことは難しくなっていくのです。

結婚が目標なら婚活にチェンジ

29歳独身で、次の恋愛では結婚まで結び付けたいと考えるなら、単なる紹介ではなく婚活として行動し始めることが大切になります。

遊びや気軽な恋愛は、時間のロスにつながってしまうからです。29歳という年齢は1年という時間しかありません。

その中で、どう結婚に結びつく人と出会うかが重要になってくるので、最終目標である結婚を視野に入れている人と出会わなければ、話にならないからです。

「独身だからとりあえず恋人を作ろう」というスタンスでは、結婚はどんどん遠のいてしまうかもしれません。

スピード婚を重視するなら

スピード婚を重視するなら

29歳で独身だけど、できるだけ29歳のうちに結婚したい!そう考えるなら、1分1秒もムダにはできません。

まずは結婚相談所に赴き、登録することから始めましょう。会員数が多く専属のアドバイザーがついてくれる結婚相談所なら、その人自身の個性に合わせて適切な人を探し、紹介してくれます。

お見合いにおいても仲介してくれますし、お互いの気持ちを進めるにあたってアシストしてくれるので、上手にステップアップしながら結婚へと進んで行くことが可能です。優秀なアドバイザーなら、短期間でもより好みに近い相手を探し出してくれることでしょう。

紹介されるたびに、細かな軌道修正を行っていけば、早ければ3ヶ月で交際をスタートさせることができます。

交際期間でジャッジすること

交際期間でジャッジすること

結婚相談所を活用して、相性の良い相手と巡り合うことができたら、交際期間中にさまざまな価値観をすり合わせていきましょう。

お互いに結婚したいという気持ちが前提にありますから、どんな過程を築きたいか、何人くらい子供がほしいかなど、具体的な家庭像まで話し合うことができます。

恋人同士だと、このような話をするのに気を使いますが、結婚という目的が合致している二人なら、気兼ねなく話し合うことができるでしょう。

短い時間でお互いの全てを知り尽くすことは難しいですが、長い期間過ごしていくと、どんな相手でも知らない部分は出てくるものです。大切なのは「これから一緒に過ごしていきたい相手かどうか」ではないでしょうか。

良い相手だと感じ、将来一緒に過ごしていけると感じたら、一気に結婚まで突き進むことも可能です。

交際半年で結婚を決めたとして、結婚式もシンプルで身内だけで済ませるなら、準備期間は短くて済みますので29歳のうちに結婚することができます。

焦っていませんか?

焦っていませんか?

29歳で独身であっても、結婚相談所に登録して積極的に相手を見つけ出すことができれば、29歳のうちに結婚することはできます。

しかし、本当に相手に対して第一印象が良く、この人が良い!と思っていたり、短期間でも思いが深まっていたりする場合にのみオススメする方法です。なぜなら、29歳という年齢で焦って結婚を決めてしまうことがあるからです。

何が何でも20代のうちに結婚しておきたいと焦るあまり、相手の欠点は見えないフリをしてしまう人が多々います。その結果、30代になった途端「何であんなに焦っていたんだろう」「何でこの人と結婚してしまったんだろう」と我に返ってしまいます。

20代のうちに結婚ができても、その結婚が長続きしなければ意味がありません。29歳の年齢になると、急に未婚率が下がるのは、焦って駆け込み結婚する人が多いからです。

だからこそ、29歳という年齢に惑わされず、相手のことをしっかりと見つめてから結婚を決められるようにしましょう。

費用が心配なら

費用が心配なら

29歳で結婚したい気持ちはあるけれど、相手はいないという場合、結婚相談所に登録することで相手を見つけることができます。

しかし、アドバイザーがつく結婚相談所の場合、費用が高額になりがちです。費用が心配という方は、婚活サイトを検討してみてはいかがでしょうか。

婚活サイトなら、低価格な会費でたくさんの人と知り合うことができます。結婚相談所と違い、仲介してくれるアドバイザーの存在はありませんが、さまざまなデータにより相手を探していくことが可能です。

婚活したいけれど、仕事が忙しくてなかなか時間を割くことができないという方は、インターネットの婚活サイトなら24時間で利用できることが多い為、少しの合間に活用することができるでしょう。

結婚年齢を決めよう

29歳で独身なら、婚活として相手から求められる時間は短いと考えておくべきです。

年齢を重ねるにつれて、結婚相手に選ばれない確率が上がっていくからです。このことからも、ゴールの目標は明確に設定しておきましょう。

29歳のうちに結婚するとなると、急スピードでことを進めていかなくてはなりませんが、現実的な考え方なら、31歳か32歳までに結婚できるよう目標を立てるのが無理のない範囲です。

相手を探し、何人かと交際してみて結婚したい相手を見つけ出すには、半年から1年以上の時間が必要です。また、短い交際期間であっても、結婚を決めたとなるとその準備にも時間はかかります。

きちんと親戚や友人を招待して結婚式を挙げる場合、最低でも半年前には式場を決めて案内状を郵送しておかなければなりません。

このことからも、29歳から婚活をスタートさせて、交際を経て結婚式を挙げるのは、31歳から32歳が無理のない設定と言えるでしょう。

まとめ

このように、29歳独身で婚活をスタートさせ、結婚する方法についてご紹介しました。恋愛の経験があまりない29歳にとって婚活は大変な作業です。

しかし、結婚相談所のアドバイザーにサポートしてもらったり、婚活サイトを利用したりすることで、自分らしく相手を見つけ出すことが可能です。焦りがちな29歳ですが、生涯連れ添うパートナー選びには慎重になりましょう。

何歳までに結婚したいという目標に向かって、毎日婚活をがんばれば、きっとより良い相手と巡り合い、結婚へのゴールへと近づいていくはずです。

  1. 友人よりも先に結婚したい。
  2. 最近周りがかなり結婚し始めた。
  3. なぜあの子がいきなり結婚? みんな内緒に婚活しているの・・
  4. 30までに結婚すればの負け組ではないですよね
  5. この先 結婚対象の出会いはあるのか?
  6. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  7. 仕事で恋愛、結婚どころではない。どうにかなるさ・・
  8. 親を安心させたい。孫を見せたい
  9. 理想の男性と出会いたい
  10. いつの間には遊ぶ友達がいなくなった・・
  11. 29歳は半分以上が結婚しているのか・・
  12. 独りが気楽でいいが最近孤独を感じる
  13. 仕事をがんばりたいが子供は欲しい。
  14. 29歳の響きがすごく嫌だ 賞味期限が切れそう!
  15. 仕事、SNSのチェック、で終わる日常が不安
  16. 最近将来を考えるようになった
  17. 30歳まであと1年か・・

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較