30歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

30歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

女性にとって、30歳(アラサー)という年齢は大きなターニングポイントになります。

20代の頃とは違うため、さまざまな変化に戸惑うことも増えてくるでしょう。30歳になって大きな存在となってくるのが「恋愛」「婚活」「結婚」の3つです。

どれも30歳の女性にとっては重要なことばかりではないでしょうか。30歳の実情はどのようなものなのか、原因や解決方法についても詳しくお伝えしていきましょう。

30歳という壁

30歳という壁

30歳になった途端、急に大人としての扱いを求められた経験はないでしょうか。また、少し羽目を外しただけで「20代じゃないんだから」とたしなめられたりします。

そう、30歳は立派な大人として扱われるものなのです。29歳と30歳は1歳しか違いがありませんが、その間には大きな壁が存在しています。

30歳は大人としての振る舞いや知識があって当然とみなされる年齢なのです。

結婚していて当たり前?

30歳で結婚していないと、「まだ結婚しないの?」と言われることが増えてきます。また、親や親戚からは「30歳になったのにいい人いないの?」とチクチク小言を言われることもあるでしょう。

なぜなら、30歳は結婚している人の方が多いからです。総務省統計局が調べた、国税調査人口等基本集計では、平成22年の時点で30歳の未婚率は41.47%になっています。

10人に4人が未婚ということになり、結婚している人の方が多いのです。親や親戚がチクチクいうのは当然のことで、10年前の平成12年の時点では、30歳の未婚率は33.87%と10人に3人の割合です。

親の世代の頃となれば、もっと未婚者の数は少なかったでしょう。だからこそ、親や年配の人に、30歳で結婚していなければ「大丈夫?」と思われてしまうのです。

30歳 平均
既婚率 58.26%
未婚率 41.74%
30歳年収 420万円
30歳貯蓄額 328万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収貯蓄 転職サービスDODA 

未婚率の上昇

30歳で結婚していないことは、昔からすれば不思議な事でした。しかし、近年未婚者の率が上がっており、結婚する年齢も年々上がってきています。

特に都心に集中することですが、仕事を優先して恋愛や結婚を後回しにする人たちが増えてきていることが関係していると考えられます。

さまざまな仕事が増え、家庭第一より仕事第一、個人主義第一になってきた世の中の空気も後押ししていると言えるでしょう。

未婚の理由について

未婚の理由について

30歳で結婚せず、未婚のままでいるということは何かしらの理由があるのではないでしょうか。なぜなら、多くの方が20代のうちに結婚を決めているからです。

30歳で未婚の人の場合、単純に出会いがなく交際する人がいなかったというケースや、恋愛は経験があるけれど結婚まで行き着くことができなかったというケース、また、仕事に夢中になって恋人のことを考えられなかったというキャリアウーマンのケースもあります。

それぞれの理由に合わせて、適切に解決していくことが大切です。次の出会いへと繋げるためにも、ひとつずつ見直していきましょう。

出会いがないケース

出会いがないケース

30歳で結婚せず、未婚のままでいる人の中には、出会いに恵まれなかったというケースがあります。

会社に男性はいるけれど、みんな既婚者であったり、年配の方ばかりだったりする場合、そこから恋愛や結婚へと進むことはありません。

また、いつも同じメンバーで仲良くしているという人も、新しい出会いの機会がほとんどないのが現状です。このような人の場合、新しい出会いを発掘することが重要になります。まずはいつもの行動パターンを見直してみることから始めましょう。

行動パターンを変える

行動パターンを変える

30歳で結婚せず未婚のままでいる人の中には、出会いに恵まれなかったケースがあります。しかしそれは、積極的に出会いを求めていかなかったということの表れでもあるのです。

出会いは意外と近くに転がっているもの。それを見ようとしなければ気づくことはできません。例えば、会社から駅までの道のりをいつも同じにしていませんか?

いくつかの通り道があるのなら、違うルートを歩いてみましょう。知らなかったお店を発見できたり、キレイなお花屋さんを見つけたりできるかもしれません。

また、利用する最寄り駅を変えてみることもポイントのひとつです。毎日使うからこそ、駅を変えることで、出会う人が変わっていくからです。同じ時間の電車で新しい駅に降り立てば、意外と好みの人が歩いているかもしれません。

外食をしない傾向

外食をしない傾向

出会いに恵まれなかったケースの人ほど、外食をしない傾向が強くあります。このことからも、ひとつでもいいので行きつけのお店を見つけられるようにしましょう。

1人でも気兼ねなく入れるカフェや、居酒屋、ファミレスなどでも構いません。ひとつ行きつけのお店が見つかり、定期的に通うことになれば、自然と顔なじみの人が増えてくるでしょう。

また、意外と店員と仲良くなることもあるでしょう。自宅や会社以外に自分の居場所を確保することが、新しい出会いに繋がるのです。

忘れられない恋愛経験

忘れられない恋愛経験

30歳で結婚せず、未婚のままでいる人の中には、辛い恋愛経験があってそれを払拭できないまま30歳を迎えてしまったケースがあります。

長年付き合ってきたのに、急にフラれたということもあれば、浮気をされたショックで相手のことを信頼できなくなってしまった方もいらっしゃいます。

長く濃い恋愛であればあるほど、失った時の傷は深いものです。そんな時は、傷ついた恋愛についてとことん分析してみましょう。忘れられない恋愛経験ほど、ひとつの記憶を増幅させてしまいがちです。

相手の良いところばかり記憶に残っていたり、傷つけられた行為だけが記憶に残っていたりします。だからこそ、冷静にひとつひとつを分析して客観視することが大切なのです。

ひとつひとつを分析

忘れられない恋愛のことは、紙に書き出して整理していきましょう。いつごろどんな風に出会い、何年付き合ったのかを書き出し、どこが好きだったか、どんなことに傷ついたかを書き出していきます。

そして、彼の良くなかったところと良いところ、自分の良くなかったところと良いところを箇条書きで書き出していくのです。

そうすることで、擦れ違いの原因や問題点が浮かび上がってくるでしょう。思ったより私がワガママだったと気づくこともあれば、よくこんな自分勝手な男と付き合っていたなと認識することもあります。

また、浮気などで傷つけられた経験があったとしても、その前に付き合った彼氏はそのような人ではなかったとすれば、男性全てが同じような人とは限らないことに気づくことができます。

ひとつひとつを分析し、書き出すことでモヤモヤしていた恋愛観を払拭することが大切なのです。

仕事に夢中になったケース

仕事に夢中になったケース

30歳で結婚せず未婚のままの人の中には、仕事に夢中になりすぎて恋愛をそっちのけにしていた人もいます。女性の場合28歳から30歳にかけて昇進したり、重要な役職を与えられたりします。

責任感と同時にやりがいも得ることができるため、ついつい仕事一筋になってしまうのです。バリバリ仕事をしているキャリアウーマンほど、男性からは敬遠されがちです。

気づけばプライドの高い女として距離を置かれてしまっていたとういこともあるでしょう。仕事に夢中になった人ほど、結婚に対しては不器用です。仕事とは違い、トントン拍子で進まないことから、相手とどう接してよいのかわからなくなってしまうのでしょう。

また、仕事をバリバリこなせることから、相手に対して甘えることができず、強がったりプライドの高さを見せつけたりしてしまいがちです。弱みを見せることは「負け」ではなく、ある意味「勝ち」です。

素直な自分を出すことが、恋愛の第一歩と捉えるようにしましょう。

結婚したい!なら

結婚したい!なら

30歳で結婚せず独身のまま。でもできるだけ早く結婚したいと考えるなら、友人・知人からの紹介ではなく婚活サイトや結婚相談所からの紹介を優先すべきと言えます。

なぜなら、物理的に独身の男性が周囲には少ないことが多いからです。また、30歳の女性を受け入れてくれる男性が少ないことから、紹介を頼まれた人を困らせてしまうこともあるでしょう。

だからこそ、たくさんの人が登録している婚活サイトや結婚相談所を活用することがオススメなのです。

登録している人なら、相手のプロフィールを確認したうえでアプローチしてくれるため、30歳という年齢を受け止めたうえでコミュニケーションを取ることができます。

ニーズがある30代前半

ニーズがある30代前半

30歳独身となると、普通は結婚しにくくなるものです。しかし婚活サイトや結婚相談所では30代前半の女性は好まれる傾向にあります。

なぜなら、大人として落ち着いてきている頃で、社会性もあり、家事などもある程度できることが多いからです。また、結婚に対する真剣さも持ち合わせているため、男性としてはスムーズに出会いから結婚へと話を進めることができるため、好印象になるのです。

また、30歳ならまだまだ子供を産む年齢としては十分若い方です。高齢出産は35歳なので、それほど余裕があるわけではありませんが、30歳なら相手も年齢を気にせず受け止めてくれることでしょう。

子供を重視するなら早めに

高齢出産は35歳とご紹介しましたが、結婚したらすぐに子供を授かりたいと考えている人は、早めに行動するべきです。

相手を探し、出会い、結婚し、妊娠して出産するまでには多くの時間が必要になるからです。婚活サイトや結婚相談所を利用して、結婚する期間は、短くても1年は必要です。

31歳で結婚し、32歳で妊娠したとしても産むのは32歳後半か33歳です。

このことを考えれば、時間に余裕はないことがわかるでしょう。だからこそ、婚活を早めにスタートすることが大切です。

まとめ

このように、30歳の恋愛事情と、婚活、結婚についてリアルな情報をご紹介しました。

30歳になった途端さまざまな景色は変わっていきますが、自分らしさをきちんと持てば、良い恋愛と結婚に巡り合えるはずです。さまざまな解決策を試してみて、是非結婚へと近づいて行ってくださいね。

  1. 結婚しない組の中でも先に結婚したい。
  2. 最近結婚しない組がはっきりしてきた。
  3. あの子だけは結婚しないと思っていたのに
  4. 結婚した友人が婚活サイトに登録してた。
  5. この先 結婚対象の出会いはあるのか?
  6. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  7. 言い訳は「仕事」 実はそんなに仕事に熱中しているわけでもない。
  8. 親を安心させたい。孫を見せたい。
  9. かわいそうな目で見られている様な気がする。
  10. 理想の異性と出会いたい。
  11. 出会いを求める行動がめんどくさい。
  12. 最近気づけば会社関係の人だけしか会話していない
  13. 30歳は10人中6人が結婚しているのか・・
  14. 独りが気楽でいいが最近孤独を感じる。
  15. シングルマザーでもいいから子供は欲しいとたまに思う。
  16. もう諦めようかな!とたまに思う自分が嫌だ。
  17. 30歳まに赤ちゃんがいるはずが・・
  18. 最近将来を考えるようになった。
  19. 25歳の自分に言ってやりたい「急げ 25歳が旬だ」
  20. 30歳までには結婚したかった、35歳までには絶対に

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較