34歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

34歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

34歳で独身ともなれば、周りから会うたびに「結婚しないの?」「いい人いないの?」と言われるのではないでしょうか。確かに、34歳で独身ともなれば、周りが心配してしまうのは当然です。

しかし、もっと心配しているのは本人ではないでしょうか。「このまま1人かもしれない」「一生結婚できないのだろうか」と人知れず悩みを抱えている人は多いと思います。

そんな34歳独身の女性に向けて、34歳の現実とこれからの対処法をご紹介していきましょう。

なぜ周りはおせっかいなのか

34歳で独身だと、周りから会うたびに「結婚」や「良い人は?」と言った言葉を言われがちです。しかしそれは、世間一般的に34歳で独身の人が少ないという現状があるからです。

総務省が発表した平成22年度の未婚率は、28.38%となっています。つまり、10人いたら7人以上が結婚しているということなのです。だからこそ、34歳で独身の人は目立ってしまうのです。

34歳 平均
既婚率 71.62%
未婚率 28.38%
34歳年収 455万円
34歳貯蓄額 464万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収貯蓄 転職サービスDODA 

最後の恋愛はいつ?

最後の恋愛はいつ?

34歳で独身と言っても、人それぞれ状況は違います。つい最近恋人と別れたという人もいれば、長い期間恋人がいないという人もいらっしゃるでしょう。

大切なのは、なぜ現在独身の状態でいるのかを、冷静に見つめるということです。

恋人と別れたショックを引きずっているのか、過去のつらい経験が恋愛を遠ざけてしまうのか、単に出会いがないのか、具体的に現状を整理していきましょう。

恋人と別れたショック

恋人と別れたショック

34歳で最近恋人と別れ、ショックを引きずっている人の場合、まだ傷は癒えていないことがほとんどです。これくらいの年齢で恋人からフラれたり別れたりするのは、思っている以上に傷つくもの。

なぜなら、多くの人が「結婚」を意識して交際していることが多いからです。アラサーと呼ばれる、28歳~33歳あたりになると、女性の多くは結婚に焦り始めます。

また、結婚ラッシュが立て続けに起きることから、つい付き合っている彼に必要以上に結婚の圧力をかけてしまい、別れるケースも多いようです。

アラサーの結婚というプレッシャーがあったからこそ、傷はさらに深くなっていると言えるでしょう。

別れは正解

別れは正解

最近恋人と別れたばかりの人にとって、ショックの傷はなかなか言えないものです。しかし、別の方向から見れば、別れて正解という部分が大きいのではないでしょうか。

なぜなら、そのまま付き合い続けていれば、結婚までたどり着くことはなかった可能性が高いからです。30代後半になって別れを告げられるより、30代前半で告げられた方が、まだ仕切り直しのチャンスは多いのではないでしょうか。

また、結婚に対して真剣に考え、相手のことを生涯のパートナーには思えなかった場合も、早めに別れて正解と言えます。まだまだ傷は残っているものの、つまらない人のためにこれ以上時間を無駄にする必要はありません。

これからもっと良い出会いが待っているのですから、それに向かって突き進むよう、気持ちをチェンジしていきましょう。

過去のつらい経験

過去のつらい経験

34歳で独身の方の場合、過去につらい経験をしたことから、恋愛を遠ざけてしまっていることがあります。

とても好きだった恋人に浮気をされてショックを受けたり、大喧嘩をしてから一切会っていなかったり、暴力を振るわれてそれがトラウマになったりするケースがあります。

過去のつらい経験は、なかなか拭えるものではありません。ただ、34歳になってもなかなかその記憶から逃れることができないのであれば、自力で何とかしようとせずに、カウンセラーにアドバイスを求めることも大切です。

カウンセラーにアドバイスを求めるとなると、大げさなことのように思いますが、何年も過去の経験を引きずり、新しい一歩を踏み出せないことに違いはありません。

また、自分では大丈夫だと思っていても、実は深刻な傷となって残っている場合もあるのです。ちょっと相談してみようという軽い気持ちで大丈夫ですので、まずは話してみてはいかがでしょうか。

過去のつらい経験を話すことは、簡単ではありませんが、カウンセラーだからこそ安心して話すことができます。自分一人で解決しようとせず、サポートを受けて傷を癒していくことも大切です。

34歳出会いがない場合

34歳で独身なのは、今まで出会いがなかったから、という方もいらっしゃるでしょう。同じ職場に長く勤めていたり、趣味がなかったりする方や、行動範囲が狭い方ほど出会いが極端に少なくなる傾向があります。

この場合、今までと同じ行動パターンでは、出会いの新規開拓はできないと言えるでしょう。

出会いは毎日待っていれば訪れるものではありません。出会いは自ら見つけていくものだということを、まずインプットしておきましょう。

そのうえで、行動範囲を少しずつ変えていきます。何年も務めている会社なら、職場で相手を探すよりも、外で探す方が良いでしょう。既婚者が多かったり、顔なじみになりすぎて恋愛に発展しなかったりするからです。

行動範囲を広げよう

行動範囲を広げよう

いつも決まったお店にしか行かないという方や、街が限定されている方は、行動範囲を広げてみましょう。訪れたことがなかったお店に足を踏み入れることはワクワクするもの。

気になっていたカフェに入ってみたり、隣町で評判の良いパン屋さんに出かけてみたりするのも良いでしょう。また、電車で乗る車両をずらしてみたり、乗り降りする改札を変えてみたりすることもおすすめです。

ちょっとした変化ですが、ちょっと違う刺激が日々加わるため、自然と気持ちが外へと向いてくるようになるのです。気持ちが外に向くようになれば、小さな出会いも見過ごさないようになります。

恋愛=結婚?

恋愛=結婚?

34歳独身ともなれば、次の恋愛を重視しがちです。

なぜなら、ゆくゆく結婚したいと考えている人の場合、恋愛から結婚へと繋がることをどうしても意識してしまうからです。

確かに、結婚を前提とした恋愛なら、結婚へのステップはスムーズに進んで行きます。しかし、まだ結婚について考えていない状態なら、無理に力む必要はないと言えるでしょう。

34歳という年齢だからといって、次の恋愛で必ず結婚しなければならないというルールはありません。周りからは、どうしてもそう見られてしまうことがあるため、今のところ結婚を考えていないという状態なら、それを公言しておくべきだと言えるでしょう。

なぜなら、男性は34歳の独身女性となれば、結婚を前提にしなければならないと考えてしまうからです。

あくまで、恋愛だけに集中したいという方なら、結婚という二文字はできるだけ排除してアピールすることが、出会いの幅を広げてくれると言えるでしょう。

結婚したい場合

34歳独身だけど、結婚したいと考えている場合、次の恋愛は結婚へと結びつけるべきです。だからこそ、結婚を前提としないお付き合いには応じないようにしましょう。

相手の方が結婚に無関心だと、交際している時間をムダに過ごすことになってしまいます。合コンや紹介だと、相手が真剣に結婚を考えているかどうかはわかりません。

本気で結婚したいと考えるなら、紹介してもらう相手にも結婚を前提に付き合える人だけを探していると伝えましょう。

新規開拓も必要

結婚を前提に付き合いたい方の場合、周りに紹介してもらったり、合コンで見つけたりすることは難しい側面があります。

なぜなら、物理的に独身者が少ない現状があるからです。未婚の数で言えば、34歳の未婚率は28.38%しかありません。これは、総務省により平成22年に調査したデータですが、現状はもっと少なくシビアだと言えるでしょう。

年々晩婚になりつつあるとは言え、未婚者が少ないのは変わりありません。だからこそ、自分の範囲で紹介してもらおうと考えず、新規開拓していく必要があるのです。

幅広い範囲で結婚相手を探していきたいと考えるなら、婚活サイトがオススメだと言えるでしょう。

婚活サイトのススメ

婚活サイトのススメ

結婚を前提にお付き合いができる人を探すなら、婚活サイトがオススメです。

なぜなら、自分の繋がりではない範囲から、相手を見つけることができるからです。独身者が周りに少なくても、婚活サイトならさまざまな地域の独身者を探すことができます。

意外と隣の県で気の合う人がいるかもしれないのです。また、婚活サイトなら自分好みの条件で相手を探すことも可能です。

友人や知人に紹介してもらうとなると、あまりたくさんの条件を伝えると叱られることもありますが、婚活サイトならクリックひとつで検索できますし、誰からもとがめられることはありません。

自分好みの条件だと、どれくらいの人が該当するのかを知ることで、本当に必要な条件も見出していくことができるでしょう。

条件は優先順位で調べよう

条件は優先順位で調べよう

婚活サイトを使う場合、どうしてもたくさんの条件を指定して探してしまいがちです。

同い年が良いから34歳限定で、身長は180cm以上、硬い職業で収入も安定している人が良い、社交的で明るくて、ユーモアもある・・と条件を次々に追加していくと、範囲が極端に狭められてしまいます。

自分好みの条件は優先順位で5つまでにまとめておき、なかなかヒットしない場合は最下位から削除して検索をかけ続けると良いでしょう。そうすれば、絶対に譲れない条件はクリアしつつ、魅力的な異性を見つけ出すことができるはずです。

まとめ

このように、34歳の恋愛や婚活、結婚についての情報をさまざまな角度からご紹介しました。34歳という年齢だからこそ、周りからの圧力は強くなります。

しかし、結婚したいという気持ちがなく単に恋愛相手を探しているという人もいらっしゃるでしょう。また、できるだけ早く結婚したいという真逆の人もいらっしゃいます。

34歳だからと言って、こうでなくてはならないということはありません。自分らしい恋愛をして、自分らしい結婚相手を見つけることこそ、本当の幸せにつながるのではないでしょうか。

是非、自分らしさを大切にして34歳を楽しく過ごしていってくださいね。

  1. 結婚しない組の中でも先に結婚したい。
  2. 結婚しない組が少なくなってきた
  3. あの子だけは結婚しない、できないと思っていたのに
  4. 友人が本気で結婚相談所の紹介で結婚した
  5. 年下の異性が最近気になる
  6. この先 自然に結婚対象の出会いはあるのか?
  7. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  8. 友人の家族と食事をした。幸せそうに見えた
  9. 35歳以上高齢出産は避けたい 逆算するとタイムリミット
  10. 親を安心させたい。孫を見せたい
  11. 親の老後、自分の老後を考えてしまう
  12. 過去の恋愛のトラウマが消えない
  13. 理想が変わってきた。平凡、普通にちょっと憧れる
  14. 仕事、寝る その繰り返し ワンパターン
  15. 34歳は10人中7人が結婚しているのか・・
  16. 独りなれしている自分がいる
  17. 婚活をしてきたが疲れた、自分に合う結婚相談所を見つけたい
  18. 高齢出産は間違いなし!大丈夫でしょう
  19. 最近将来を考えるようになった
  20. 35歳まではあと1年

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較