35歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

35歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

35歳ともなれば、アラサーからアラフォーへと突入する時期です。この年齢で独身ともなれば、周りから「早く結婚しなさい」と圧力を受けることも多々あるでしょう。

35歳だからこそ、恋愛や婚活のむずかしさ、結婚への道のりの険しさはつきものです。

しかし、きちんと対策さえ打っておけば、35歳という年齢からでも、恋愛や結婚を成就させることは可能です。35歳だからこそ知るべき現状と解決策を、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

35歳の現状

35歳ともなれば、周りにはほとんど独身者はいないということが多いのではないでしょうか。実際に数字として解析してみると、35歳の未婚率は26.03%です。

これは平成22年のデータで、総務省による統計で弾きだされた数字です。平成22年に比べれば、現在はもっと未婚率は上がっていますが、それは晩婚が進んでいるからと言えるでしょう。

実際に、平成12年のデータを比べてみると、未婚率はたったの16.97%です。平成22年と比べると10%近い確率で独身者が増えてきています。

35歳 平均
既婚率 73.97%
未婚率 26.03%
35歳年収 469万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収 転職サービスDODA 

女性特有の問題

女性特有の問題

35歳独身者の数は年々増えてきており、平成12年と平成22年を比べると10%近く独身者が増えています。晩婚が進んでいるとはいえ、男女ともに同じ条件で婚活を進めることができるとは言えないのが、35歳という壁の現状です。

実は、女性は35歳を区切りに、どんどん恋愛や婚活が難しくなるという部分があります。なぜなら、子供を授かりにくくなってきているからです。見た目は若くて、パワフルな女性であっても、確実に卵子の老化は進んでいます。

実際に35歳を過ぎてから初産を体験することを「高齢出産」と称しており、女性にとって大きなターニングポイントになっています。

高齢出産のスタート歳

高齢出産のスタート歳

35歳という年齢は、高齢出産のスタート歳ということもあり、女性にとっては別のプレッシャーや悩みを加えられることになります。

究極を言えば、女性は子供を産みたいか産みたくないかという選択肢を突き付けられることになりかねません。

ただ、35歳が高齢出産と言っていたのは、昔からのことで、医学が進歩した現代で同じことがあてはまるとは言い切れません。実際には、35歳を過ぎても健康な赤ちゃんを安全に出産している妊婦の方はたくさんいらっしゃいます。

一説によれば、35歳以上で出産する妊婦の数が極端に少ないことから、妊娠の確率が低いように見えてしまうという意見もあるのです。

大切なのは、自分がどうしたいかということで、35歳という現実は把握しつつも、それを大きなハードルと捉えすぎない事も大切です。

恋愛か結婚か

35歳で独身となると、次は恋愛をするか、結婚に向けて準備を進めるか、悩むところではないでしょうか。

結婚願望がまだないという方なら、恋愛相手を探すことに集中するのが良いでしょう。

35歳となると、どうしても「付き合う=結婚」と結び付けられがちです。それを相手が感じ取ってしまうと、どうしてもアプローチしにくくなってしまう恐れがあるため、まだ結婚は視野に入っていないことをアピールするのもひとつの方法と言えるでしょう。

また、35歳となれば、年上や同い年の男性だけでなく、歳下からもアプローチされることが増えてきます。その時、どう対応するのかが大切ですので、具体的な注意点をご紹介しておきましょう。

イイ女ほど注意

イイ女ほど注意

35歳ともなれば、ある程度自由に使えるお金は所有していることが多いのではないでしょうか。好きなお店で食べたり、自分磨きやエステに通ったりすることも多いでしょう。

確かに、自分を美しくしたり、高めたりすることは大切なことです。しかし、パーフェクトを目指すことはオススメしません。なぜなら、周りの男性が近づきにくくなってしまうからです。

実は、35歳の女性は、20代半ば~後半にかけての年下男性にとって、憧れる存在になることが多いのですが、パーフェクトすぎると、年下というハンデを強く感じ、何もアプローチしないまま去ってしまうことも多いのです。

イイ女になればなるほど、その傾向は強まってしまいますので、どこかに隙を残しておきましょう。

上から目線はNG

上から目線はNG

年下の男性と食事をしたり、遊んだりする機会がある場合は、過剰に年上を気取るような行動はしないでおきましょう。

高級食材を何度も食べていることを話したり、常識的なことでも相手が知らなかったりすることを過剰にリアクションしてはなりません。相手が年下であっても、男性に変わりはないからです。

男性は比較的自分の方がエスコートしたいと感じるものです。草食男子と呼ばれる男性が増えたと言われる昨今でも、頼りにされることを嫌がる男性はいません。

逆に、上から目線で強く言ってくる方が敬遠されるでしょう。

自分からもアピールを

自分からもアピールを

35歳ともなれば、年下の男性から行為にもたれることも増えてきます。しかし、だからといって、相手がアピールしてくるのを待ってばかりいてはいけません。

なぜなら、年下というだけで相手はハンデに感じていることが多いからです。落ち着いて、堂々としていて、隙がないからこそ、誘っても相手にされないと思い込んでしまうのです。

しかし、そんな時にこちらからも好意を持っていることをアピールすることができれば、相手はすんなりとあなたにアピールすることができます。

「男性から」という意識を外して、行為を持った相手には素直にそれをアピールすることを心掛けましょう。

年齢を言い訳にしない

年齢を言い訳にしない

年下男性からアピールされた場合、35歳という年齢を気にして、交際に踏み切れないという女性も数多くいらっしゃいます。もし、まだ結婚を考えていないようなら、あまり年齢は意識しないでよいと言えるでしょう。

なぜなら、相手は年齢を気にしてあなたにアプローチをしているわけではないからです。

あなた自身のことを魅力的に感じているからこそ、年齢のことを気にしすぎるのはやめましょう。「35歳だし」「オバさんだし」と言い訳ばかりしていては、せっかくの恋愛もスタートせずに消え去ってしまうでしょう。

結婚したい35歳

35歳になって、まだ結婚したくない、恋愛だけを楽しみたいという方は実際にはごく少数です。多くの方が結婚したいと思うのではないでしょうか。

しかし、女性にとって35歳という年齢は出産に関係してくるため、積極的に行動できないことが増えてきます。恋愛の項目でもご紹介しましたが、結婚においても35歳という年齢の言い訳は不必要です。

あなた自身が結婚したい、子供を産みたいという気持ちをきちんと持ってさえすれば、必ず良い方向に進み、結婚へとたどり着くことができるでしょう。

言い出しにくいからこそ、結婚相談所

言い出しにくいからこそ、結婚相談所

35歳、独身だけど結婚したいし、子供も産みたい。そう考えるなら、すぐに婚活を始めるべきです。やはり、子供を産むとなれば、早めに妊娠することが良策です。

ただ、自力で結婚相手を見つけようとなれば、なかなか難しい面があるでしょう。そもそも、35歳で独身という方が少ないですし、周りから紹介されるとなっても気を使う部分が大きいからです。

結婚を確実にしたいと考えるなら、結婚相談所に相談するのがイチバンだと言えるでしょう。

結婚相談所なら、親身になって対応してくれますし、自分が言い出しにくい年齢や出産のことについても、代弁したりサポートしたりしてくれるので安心です。

結婚相談所について

結婚相談所について

結婚相談所なら、言い出しにくい35歳という年齢や出産のことも、アドバイザーが代弁してくれたり、サポートしてくれたりするので安心です。結婚相談所とひとくちにいっても、さまざまな形態があります。

地域密着型の結婚相談所、データマッチングに強い結婚相談所、マンツーマンのサポートが受けられる結婚相談所、入会審査が厳しい結婚相談所などがあります。

例えば、地域密着型なら、自分の住んでいるエリアや、住みたいエリアで婚活することが可能です。データマッチングにおいては、相手の条件が細かくある人に適していると言えるでしょう。

マンツーマンのサポートが受けられる結婚相談所なら、恋愛経験が少なかったり、無かったりする人も安心して婚活を行うことができるでしょう。さらに、入会審査が厳しい結婚相談所なら、それをクリアした会員しか登録できないため、出会う人材においても安心感があります。

このように、さまざまな結婚相談所の特色を捉え、自分に適した結婚相談所を選ぶのが、結婚、出産への早道と言えるでしょう。

短期集中がオススメ

短期集中がオススメ

結婚相談所について、ご紹介しましたができれば短期集中で婚活するのがオススメです。35歳という年齢ですから、少しでも早くいろんな人と出会い、交際し、結婚へと至ることが大切だからです。

また、婚活は長い期間ダラダラやり続けるものではありません。短期間で集中することで、結婚したいという気持ちのエネルギーがプラスになってくれるからです。このことからも、紹介数が多い結婚相談所や、会員数が多い結婚相談所を選んだ方が良いと言えるでしょう。

短期間でもたくさんの人と出会うことができるため、自分が結婚相手に何を求めているのかを、具体的に知ることができるからです。

最初は、あれこれ結婚相手の条件を数多く並べていた人も、短期間で集中して婚活することで、自分が相手に求めたい本当の要素を見つけ出すことができるため、いち早く交際や結婚へのステップに突き進むことができるでしょう。

まとめ

このように、35歳の恋愛や婚活、結婚などの情報を幅広くご紹介しました。高齢出産や、アラフォーといったさまざまなプレッシャーが追加される歳でもありますが、大切なのは自分がどのように35歳をすごし、これからどう生きていきたいかを考えるということです。

今は恋愛を楽しみたい、できるだけ早く子供を産みたい、それぞれの目標を設定したら、今日から行動に移していきましょう。35歳という時間をフル活用して、充実した時間にしていってくださいね。

  1. 結婚しない組の中でも先に結婚したい。
  2. 結婚できないのではなく、しないと強がっている自分
  3. あの子だけは結婚しない、できないと思っていたのに
  4. 本気で結婚相談所を考えるようになった
  5. 年下の異性が最近気になる
  6. この先 自然に結婚対象の出会いはあるのか?
  7. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  8. まだ白馬の王子様が迎えに来てくれると少し期待している
  9. 親を安心させたい。孫を見せたい
  10. 親の老後、自分の老後を考えてしまう
  11. 過去の恋愛のトラウマが消えない
  12. 理想が変わってきた。平凡、普通にちょっと憧れる
  13. 仕事、寝る その繰り返し ワンパターン
  14. 34歳は10人中7人~8人が結婚しているのか・・
  15. 独りなれしている自分がいる
  16. 婚活をしてきたが疲れた、自分に合う結婚相談所を見つけたい
  17. 子供が欲しい!でも高齢出産は不安
  18. あの時結婚していれば良かったかな~と最近思う
  19. 40歳まではあと5年 それまでには

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較