37歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

37歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

37歳でまだ独身。恋人もいないし、結婚なんて無理だと思い込んでいませんか?確かに、37歳になると恋愛したり、結婚したりすることは難しくなる部分はあります。

しかし、37歳でも楽しい恋愛を謳歌し、結婚へと至る人たちはたくさんいらっしゃるのです。

では、恋愛することができ、結婚することができた37歳の人たちには何があるのか、そしてどんな努力をしてきたのかを具体的にご紹介していきたいと思います。そしてそれを自分自身に活かしていきましょう!

37歳の今を知ろう

37歳で独身という人は、あまり周りにはいないという場合がほとんどではないでしょうか。結婚して子供もいる人たちばかりで、休日もひとり、平日の夜もひとり、という状況にある人は多いと思います。

実際に37歳で独身の人たちの人数を見ると、平成22年度の時点で972,428人中219,021人となっています。割合に換算すると22.52%の人が独身者です。

5年前の平成17年度の独身率は18.14%、10年前の平成12年度の独身率は13.57%となっており、年々37歳の独身率が上昇していることがわかります。

37歳 平均
既婚率 77.48%
未婚率 22.52%
37歳年収 488万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収 転職サービスDODA 

なぜ独身者が増えたか

なぜ独身者が増えたか

10年前や5年前に比べると、年々独身者の数は増えてきています。10年前だと10人に約1人が独身者というのが当たり前だったのに平成22年では10人に約2人が独身者です。

これは、晩婚が当たり前の世の中になってきていることがわかるでしょう。女性が社会進出するようになり、仕事に時間を取られるようになってから、結婚する平均年齢はどんどん上がるようになりました。

また、経済が不安定な時期が続いたことから、結婚資金を捻出できず、見送るケースが多いようです。このことから、結婚する独身者は年々増えてきています。

高齢出産が珍しくない現代

高齢出産が珍しくない現代

37歳という年齢でも、独身者でいる人の中には、高齢出産が珍しくなくなってきたという部分も大きく反映されているのではないでしょうか。

芸能人や有名人が37歳という年齢でも出産していることが報道されているため、自分も大丈夫だと思い込んでしまっているのです。ただ、37歳という年齢だと妊娠しにくくなることは事実です。

無事に妊娠・出産することができた人たちも、さまざまな努力をしています。簡単に妊娠・出産できるものだと考えないようにしましょう。

これからの人生について

37歳で独身ともなれば、これからの人生について考え始めるという方も多いのではないでしょうか。

ずっと独り身のまま過ごすのではないだろうか。

子供を産まずに一生を終えるのではないかと、ついネガティブな発想になりがちです。

しかし、そのままネガティブな空気に飲み込まれてしまっていては、ますます暗い人生に傾いてしまいます。

37歳で独身だからといって、必ず独り身が続くというわけではありませんし、恋愛できないというわけでもありません。

やるべき努力を積み重ねていけば、必ず素敵な人生を切り開いていくことができるでしょう。だからこそ、良いイメージを持ち、ポジティブに行動に移すことが大切なのです。

まずは日々の行動から

まずは日々の行動から

37歳で独身の場合、つい家に引きこもりがちになってしまいがちです。休日だというのにお昼過ぎに起きて、ぼんやりとテレビを観ながら過ごし、気がついたら家から一歩も出ないまま夜になっていたというのでは、身体も気持ちもどんどん老け込んでしまいます。

どんなに素敵な出会いがあったとしてもはつらつとした魅力が発揮されなければ、出会いを実に繋げることはできなくなってしまうでしょう。

だからこそ、自分から積極的に外へと気持ちも身体も向けて行動していかなくてはなりません。「どうせ1人だし・・」とふさぎ込んでいると、誰からも見向きもされなくなってしまいます。

キレイで楽しいものを見よう

キレイで楽しいものを見よう

37歳で独身だからといって、家に閉じこもってばかりいたり、ふさぎ込んでいたりすると、大事な出会いが訪れたときにエンジンがかからなくなってしまいます。

そうならないためにも、日々の行動を変えていきましょう。積極的にキレイなものを見たり、楽しいことに参加したりすることで、自然と気持ちも前向きに変化してきます。

美術館なら1人で観覧していても目立つことはありませんし、映画館も映画好きの人が1人で観に来ることは珍しいことではありません。

また、近所のお祭りにぷらりと出かけてみたり、フリーマーケットや、骨董市に出かけてみたりするのも良いでしょう。

積極的に参加する気持ちを大切にすることで、ふさぎ込んでいた気持ちも、次第に前向きにオープンに変わってくるはずです。

婚活をスタートさせよう

37歳で独身だけど、絶対に結婚したい!ひとりは嫌だ!という方は、すぐに婚活をスタートさせるべきです。

婚活という言葉に苦手意識を持つ人もいらっしゃるかもしれませんが、自力で独身の男性を見つけることは簡単なことではありません。

本気で相手を見つけたい、結婚したいと思うなら、婚活専門の結婚相談所に登録するのが良いでしょう。

結婚相談所なら、同じ悩みを持つ人たちが集まっていますし、本気で結婚したいという気持ちを持っている人たちと出会えるため、良い出会いを結婚へと結び付けやすくなります。

結婚相談所について

結婚相談所について

37歳から婚活をスタートさせて、結婚へとたどり着きたいという方は、会員の数が多くて、年上の男性が多い結婚相談所を選ぶと良いでしょう。

まず、会員の数が多いということは、必然的に出会える人数の絶対数が多いということです。そして、年上の男性が多いことで、37歳という年齢をクリアしやすくなるでしょう。

30代後半から40代、場合によっては50代前半も視野に入れておくことをオススメします。

年上の男性はちょっと・・という考えを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、37歳という年齢でニーズを考えるとなると、年上男性の方が、確率が高いと言えるのです。

結婚相談所のサポート

結婚相談所のサポート

37歳から婚活をスタートさせて、結婚相談所のサポートを受け始めると、さまざまな人を紹介してもらい、お見合いすることになると思います。

最初から一発で運命の人と出会えるとは限りませんので、たくさんの人とどんどんあっていくことが大切です。

ただ、婚活するとなるとつい相手への希望条件が膨らみがちです。年収はいくら以上、背は高い方が良い、太っていない人が良い、などどんどん希望条件は増していくことでしょう。

しかし、高望みしすぎると、せっかくの良い出会いも見逃してしまう可能性があります。希望条件を100%満たしている人など存在しないことを、知っておきましょう。

どうしても条件が譲れないなら

どうしても条件が譲れないなら

婚活をスタートさせると、相手への希望条件をあれこれ追加してしまいがちですが、どうしても条件を絞り込めないという方もいらっしゃいます。

見た目を重視したい方、年収を重視したい方が多く見られますが、大切なのは「自分自身がその人に釣り合うかどうか」という点です。例えば、見た目を重視したい方なら、その人と並んで歩ける女性として容姿を磨かなくてはなりません。

年収を重視したい方なら、忙しい相手のサポートができる気配りが必要になるでしょう。好条件の人ほど、たくさんの人たちからお見合いや交際を申し込まれるものです。

それに立ち向かい、勝利するためには自分自身の魅力も磨いていかなくてはならないのです。

37歳で満たしておくべき条件

37歳で婚活をスタートするなら、できるだけ自分磨きは徹底しておいた方が良いでしょう。なぜなら、37歳という年齢はある程度ハンデとなりやすいからです。

見た目で言えば、いかにもおばさん太りした体型や、シミやシワの多い肌は敬遠されることになるでしょう。毎日のスキンケアはきちんと行い、標準体重を目指してダイエットすることは大切です。

また、内面で言えば、家事全般はできていた方が良いと言えます。料理は結婚において重視する男性は多いので、自身がない方は料理教室に通い、腕を磨いておきましょう。

自慢の手料理をひとつでも多く増やすことができれば、胃袋を掴んで結婚へと早くたどり着くことができるはずです。

子供の問題

子供の問題

37歳で婚活し始めると、どうしても年齢のことをハンデに見られがちです。それは、相手が子供を望んでいる場合に多く見受けられるでしょう。

男性で結婚したいという人の場合、子供を授かりたいという気持ちを持って参加する方も多くいらっしゃいます。

そのような条件の中で、相手の女性が37歳という年齢だということは大きなハードルになってしまうのです。どうしても37歳だと妊娠しづらく、出産にもリスクが伴うという知識が広まっていますから、ハードルに捉えられてしまうのは仕方がないともいえます。

しかし、健康な身体と心を持ち合わせていれば、37歳でも出産することは可能です。どうしても不安だという方は、一度産婦人科を受診し、妊娠するにあたって問題がないかどうかを検査して確かめておくことも良いでしょう。

きちんと妊娠できる身体であると証明することができれば、本人にとっても不安なく婚活を進めることができます。

必ず良い人はいる

必ず良い人はいる

37歳で婚活し始めると、なかなか相手に対してピンとこないと感じてしまう方もいらっしゃると思います。確かに、初対面でこの人だ!と感じることは稀でしょう。

しかし、容姿が許容範囲、性格も許容範囲というのであれば、一度付き合ってみることをオススメします。

人への愛情というものは、何度も会い、デートを重ねていくことで膨らんで行くものです。最初がピンとこないとしても、徐々にお互いの存在が必要不可欠だと感じるようになるでしょう。

まとめ

このように、37歳の婚活や恋愛、結婚についてご紹介しました。さまざまな努力を積み重ねていけば、きっと良い人に巡り合うことは可能です。

自宅に閉じこもらずに外へと心と身体を向けることで、自分から出会いのチャンスをつかみ取ることができるでしょう。婚活するのに遅すぎるということはありませんので、今すぐ始めていきましょう!

  1. 結婚しない組の中でも先に結婚したい。
  2. 結婚できないのではなく、しないと強がっている自分
  3. あの子だけは結婚しない、できないと思っていたのに
  4. 本気で結婚相談所を考えるようになった
  5. 年下の異性が最近気になる
  6. バツイチ子持ちとの結婚の考えるようになった
  7. この先 自然に結婚対象の出会いはあるのか?
  8. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  9. まだ白馬の王子様が迎えに来てくれると少し期待している
  10. 親を安心させたい。孫を見せたい
  11. 親の老後、自分の老後を考えてしまう
  12. 過去の恋愛のトラウマが消えない
  13. 理想が変わってきた。平凡、普通にちょっと憧れる
  14. 仕事、寝る その繰り返し ワンパターン
  15. 37歳は10人中7人~8人が結婚しているのか・・
  16. 独りなれしている自分がいる
  17. 婚活をしてきたが疲れた、自分に合う結婚相談所を見つけたい
  18. 子供が欲しい!でも高齢出産は不安
  19. あの時結婚していれば良かったかな~と最近思う
  20. 40歳まではあと3年

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較