40歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

40歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

40歳アラフォーという年齢を迎え、まだ結婚や恋愛をあきらめきれない女性の方へ。あっという間に過ぎ去った30代を取り戻すことはできませんが、40歳には40歳なりの良さがあります。

今まで婚活してもうまく行かなかったという方は、軌道修正していく必要があるでしょう。

40歳アラフォーの恋愛事情、そして婚活事情はどのようなものなのかを把握し、ひとつひとつに解決策を見出していくことで、結婚へと近づくことは可能です。それぞれの情報を詳しくご紹介していきましょう。

40歳という現実

独身のまま40歳を迎えた方の場合、周囲にほとんど独身者はいないというのが現実です。なぜなら、39歳までに急いで婚活を行い、駆け込みで結婚する人たちが圧倒的に多いからです。

30代では20%台だった独身率も、40歳になると18.96%と10%台にまで下がります。

これは、総務省による調査で、平成22年度のデータですが、近年40歳の独身率は上がってきており、現在でも多くの人が独身のままです。

40歳 平均
既婚率 81.04%
未婚率 18.96%
40歳年収 530万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収 年転職サービスDODA 

バブルの影響

バブルの影響

独身のまま40歳を迎えた人の多くが、バブル時代を体験しています。お金はたくさんあり、幾ら遊んでも平気。男性もどんどん誘ってきてくれるし、奢ってくれるというのが当たり前の中、一番みずみずしい時期を過ごしていたので、バブル崩壊後の流れについていけず、取り残されてしまうことが多いのです。

確かに、バブルの経験は強烈に記憶として刻まれることでしょう。しかし同じことを現代で求め続けることは不可能です。収入が安定しない中で、自らのことしか考えられない人の方が多い世の中です。

それを理解しておかなければ、恋愛も婚活もうまくは進んで行かないでしょう。バブルの記憶はバブルの時代に置き、現代らしい恋愛や結婚の価値観を見出していくことが大切です。

40歳は求められるのか

独身のまま40歳を迎えると、もう誰にも相手にされないと思い込んでしまいがちです。確かに、40歳で独身となれば、なかなか声はかけづらくなってしまうでしょう。

しかし、同じ40歳独身でもさまざまな立場があるはずです。恋愛を楽しんできたものの、良い人がおらずに40歳になってしまったという方もいらっしゃれば、早めに結婚して離婚をしたというバツイチの40歳もいるでしょう。

それぞれの立場により、恋愛の方法も、婚活の方法も変わってきます。それぞれ具体的に見ていきましょう。

恋愛経験が豊富な40歳

恋愛経験が豊富な40歳

恋愛経験はそこそこ積んできたけれど、良い人に巡り合わず、40歳を迎えてしまったという人の場合、何か相手に強く求めすぎている要素があると考えられます。

自分の相手はこの人しかいない!と思うことができないため、もう一歩先へと踏み込んで行けないのです。

もっと良い人が世の中にはいると思ってしまったことから、婚期を逃してしまったと言えます。

また、恋愛が長続きせずに短期間で交際を終了してしまう人は、自分自身にも何か原因があると言えるでしょう。

恋愛への臆病さ

恋愛への臆病さ

30代はそれなりに恋愛して、結婚してもいいかなと思う人もいたけれど破局してしまい、それ以降誰とも恋愛できていないという人の中には、出会いが極端に少なくなってしまったというケースがあります。

ラストチャンスとも言える30代に結婚できなかったことから、次の恋愛に臆病になってしまっているのです。特に、40歳となれば、相手に本当の年齢は打ち明けにくいものです。いい雰囲気になった人でも40歳と言えば、サーッと引いてしまうことが多々あるからです。

その結果、恋愛に対してどんどん臆病になり、出会いのチャンスを逃し続ける結果になってしまいます。それでは、恋愛どころか結婚までたどり着けることはなくなってしまうでしょう。

年齢をごまかすと後が辛い

年齢をごまかすと後が辛い

40歳から出会う場合、年齢のことは話しにくくなるものです。しかし、相手に対して自分の年齢を偽るようなことは辞めておきましょう。

最初に嘘をついてしまうことで、相手にずっと隠し事を抱えたままになってしまいますし、その事実をどんどん言いにくくなってしまいます。

また、本当の年齢を聞かされた相手も、戸惑い嘘をつかれていたことに落胆してしまうことでしょう。お互いに真剣な気持ちであっても、嘘をつかれているということは傷つくものです。

最初は軽い気持ちで年齢を偽っていたという方も、後々苦しむことになりますのでオススメしません。

バツイチの場合

バツイチの場合

40歳で独身であっても、結婚経験者という方もいらっしゃるでしょう。20代や30代で結婚したものの、うまくいかず離婚してしまったという場合です。離婚してしばらく経っている状態なら、次の相手を探し始めても何の問題もありません。

むしろ、結婚経験がない40歳より、結婚経験がある40歳の方が相手には受け入れてもらいやすくなります。バツイチは人によってはマイナスポイントになることもありますが、全く気にしない人もたくさんいらっしゃいます。

むしろ、経験をして失敗しているからこそさまざまな経験を積み重ね、次の恋愛や結婚に前向きに取り組めると考えられるからです。

このことから、バツイチだからとネガティブになりすぎず、自分が良いと思う人には積極的にアプローチするべきと言えます。

婚活のススメ

恋人がいなくて独身生活が長くても、バツイチでも出会いの可能性はゼロではありません。きちんと行動することで、よい出会いは必ず見つけることができます。

もし、これから結婚したいという気持ちがあるのなら、恋愛相手を探すのではなく結婚相手を探す意識で相手を見つめていきましょう。

つまり、婚活として相手を探すということです。婚活は、自分で行う方法と、専門機関を利用する方法とがありますが、より早く結婚したいと考えるなら、専門機関を利用するのがオススメと言えるでしょう。

なぜなら、40歳の人と釣り合う独身の人はなかなか出会うことができないからです。いくら人脈に自信がある人でも、独身で性格も良い人を見つけるのは容易ではありません。

しかし、専門機関ならそのような人をさまざまなデータから発掘し見つけ出してくれます。40歳の独身者が少ないからこそ、専門機関を活用するべきなのです。

婚活の専門機関の種類

婚活の専門機関の種類 

婚活をする上で、重要になるのが専門機関の選び方です。婚活の方法としては、自分で操作できるタイプのものと、専門機関のスタッフによる仲介タイプのものに分けられます。

自分で操作できるタイプのものは、データマッチング系が多く、専用サイトを利用して相手を検索していきます。良いと感じる人がいたなら、コミュニケーションをとって実際に会うという流れが主流です。

さまざまな条件で検索することができますし、少しでも違うなと感じたらすぐ次の相手を探すことができるのがメリットです。

ただし、自分が操作しない限り相手の情報を検索することはできませんから、操作する時間を取れる人に限られてくるというデメリットもあるでしょう。

専門機関のスタッフによる仲介タイプの者は、相手への希望条件と、相手からの希望条件が合致した人同士を結び付けるもので、待っているだけでも相手を紹介してもらうことができます。

仕事が忙しくてなかなか時間が取れないという方にとってメリットがあると言えるでしょう。

ただ、仲介するスタッフの理解度やセンスにより、紹介される相手が変わってきますし、相性の良くない仲介者の場合、なかなかうまく良い出会いに結びつくことは難しくなります。

そのような点ではデメリットと言えるでしょう。

同時進行もオススメ

同時進行もオススメ

40歳からの婚活は、自分で操作できるタイプのものと、専門機関のスタッフによる仲介タイプのものに分けられますが、より早く良い出会いに結びつきたいと考えているのなら、同時進行で活用していくのもおすすめです。

自分で操作できるデータマッチング型の婚活サイトなら、月々の費用も安いので負担になりにくいですし、空いている時間をみつけてマイペースに検索することができます。

また、専門機関のスタッフによる仲介だけに頼らず、幅広い出会いを見つけ出すことができるので、より短期間で相手を見つけ出すことができるでしょう。

選び方の注意点

選び方の注意点

40歳からの婚活は、自分から探すものと、仲介してもらうものの両刀使いがオススメとご紹介しました。しかし、どんなサイトでも、どんな専門機関でもOKというわけではありません。

40歳という年齢で婚活を始めるのですから、登録している会員の年齢層は重要です。30代が多いものだと、出会う確率はやや下がってしまうと言えます。

40代以上の会員が多く登録されているところなら、出会いの幅も広がっていくことでしょう。

また、バツイチ経験者の場合、専門機関によって入会できない場合があります。初婚に限定して運営している専門機関もあるため、バツイチに特化したものを選ぶと良いでしょう。

完璧を目指さない

完璧を目指さない

40歳からの婚活は、相手に完璧さを求めないことが重要です。例えば年収が高くて容姿もいい人という条件を探そうとしても、ほとんど出てきません。

このような好条件の人は、とっくに結婚していますし、婚活サイトに登録しなくても人が集まってくるからです。だからこそ、相手に完璧さを求めず、ここの部分だけ共感できればよいという部分を持ちましょう。

容姿に至っては年月とともに変化していくものですから、中身を重視するのがイチバンです。

趣味や人生の考え方など、共通する部分を探っていけば、自ずと気持ちはお互いに近づいていくでしょう。

まとめ

40歳の恋愛事情や婚活、結婚について幅広くご紹介しました。

恋愛経験をたくさん積んでいる人や、バツイチ経験者など、さまざまな立場があるかと思いますが、大切なのは良い人に出会いたいという気持ちです。

その気持ちを忘れず持ち続ければ、きっと良い人と巡り合うことはできるでしょう。

また、良い人に出会いたいという気持ちは自分を高めてくれます。より輝く40代のスタートにするためにも、40歳という節目の時間を大切に過ごしていきましょう。

  1. 結婚しない組の中でも先に結婚したい。
  2. 結婚できないのではなく、しないと強がっている自分
  3. あの子だけは結婚しない、できないと思っていたのに
  4. 本気で結婚相談所を考えるようになった
  5. 恋愛対象の出合いはない
  6. バツイチ子持ちとの結婚の考えるようになった
  7. この先 自然に結婚対象の出会いはあるのか?
  8. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  9. まだ白馬の王子様が迎えに来てくれると少し期待している
  10. 親を安心させたい。孫を見せたい
  11. 親の老後、自分の老後を考えてしまう
  12. 過去の恋愛のトラウマが消えない
  13. 理想が変わってきた。平凡、普通にちょっと憧れる
  14. 仕事、寝る その繰り返し ワンパターン
  15. 40歳は10人中8人が結婚しているのか・・
  16. 独りなれしている自分がいる
  17. 婚活をしてきたが疲れた、自分に合う結婚相談所を見つけたい
  18. 子供が欲しい!でも高齢出産は不安
  19. あの時結婚していれば良かったかな~と最近思う
  20. 結婚歴ナシよりも、バツイチの方か良かったかも・・
  21. 40歳で諦めたけどやっぱり諦められない

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較