45歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

45歳独身の「結婚」「恋愛」「婚活」事情と現状解決方法

41歳・42歳・43歳・44歳・45歳というと、あなたはどんな人生を想像しているでしょうか。結婚して子供も自立し、自分の時間を謳歌し始める年齢。早い人だと孫が生まれてくる歳ではないでしょうか。

しかしそれは、順調に20代で結婚し、子供が生まれた場合の話です。45歳でも独身のまま過ごしている人たちはいます。では、45歳から恋愛をしたり、結婚したりすることは不可能なのでしょうか。

いいえ、45歳でも恋愛したり、結婚したりすることは可能です。ただし、20代や30代と同じようにアプローチや行動をしたからと言って成功するわけではありません。

45歳には45歳なりのアプローチがあるのです。そこで、45歳の現状とさまざまな解決策について、具体的にご紹介していきたいと思います。

45歳のリアル

45歳となれば、独身で生活し続けてきた方は少ないのではないでしょうか。総務省統計局による国税調査人口等基本集計によれば、平成22年度で45歳の独身率は14.02%となっています。

この数字を見れば、いかに独身者が少ないか、わかることでしょう。しかし、ひとくちに独身と言っても、さまざまな立場の独身者がいらっしゃいます。

独り身を貫いてきたという方もいらっしゃれば、過去の苦い経験から立ち直れず今に至る人、また結婚を経験したけれどうまく行かなかった人などがいらっしゃいます。それぞれの立場を具体的に見ていきましょう。

45歳 平均
既婚率 85.98%
未婚率 14.02%
45歳年収 588万円

※成未婚率 平成22年国勢調査データ ※年収 i転職サービスDODA 

独り身を貫く

独り身を貫く

45歳で独身だけれど、それをあえて選択してきたという方もいらっしゃるでしょう。

仕事が大好きで、とにかくそれに集中していたあまり、プライベートのことを一切考えることができず、独り身をつらぬ結果になったという場合です。

また、趣味に対して真剣で、恋人にお金をかけるよりも趣味を優先するという考えで今まで過ごしてきた方もいらっしゃいます。

ただ、45歳という年齢になったころには、独り身という孤独さをよりリアルに感じるようになってくるのです。今まで独り身に平気だったという方も、これからも独り身ということには少し不安を感じるようです。

それは、健康や精神面の不安が関係していると思われます。

45歳ともなれば、あちこちガタが出始める頃です。健康な20代、30代には感じなかった不調が出てくるからこそ、これから先独り身でいることに不安を感じ始めます。

立ち直れない過去の苦い経験

立ち直れない過去の苦い経験

45歳で独身という方の中には、過去のつらい経験から立ち直れずに人間不信に陥っている人もいらっしゃいます。

例えば、ある人は結婚を考えていた恋人に式の直前別れを告げられ、それ以降恋愛が怖くなってしまったという場合や、付き合っていた人から暴力を日常茶飯事に受けて、異性が怖くなってしまったという場合もあります。

恋愛も、結婚も相手がいなくては成立しないものですし、付き合ってみなければその人にどういう一面があるのかはわかりません。だからこそ、不安が増幅して一歩を踏み出せなくなってしまうのです。

しかし、そんな状況をずるずると引きずっているうちに45歳になり、これから先一人でいることに不安を感じ始めます。

これ以上、過去の経験に振り回されないためにも、根本から解決していくことが大切になるでしょう。必要な場合は、カウンセリングでトラウマを克服することも大切です。

過去の辛い経験をまた同じように受けるとは限らない事を理解していきましょう。この先の人生を楽しく過ごすためにも、ひとつひとつ解決して新しい一歩を踏み出していかなくてはなりません。

結婚したけれどうまくいかなかった

結婚したけれどうまくいかなかった

45歳で独身という方の中には、過去に結婚した経験を持つ人もいらっしゃいます。恋愛していたころに比べると、結婚はまた違った要素を求められるものです。

お互いの妥協点を探し、すり合わせるもののうまく行かずに別れてしまうこともあるでしょう。中には二度と結婚したくないと考える人もいらっしゃると思います。

しかし、45歳ともなれば年齢を改めて認識し、これからの人生について考え始める時期です。だからこそ、第二の人生をスタートさせていくべきではないでしょうか。

離婚経験は今や珍しくないものです。逆に結婚経験がない人よりも、結婚に失敗した苦い経験を持つ人の方が、他人の痛みを理解しやすいと肯定的に捉えてくれるものです。

また、出会う相手も同じ年代なら、一度や二度は結婚や恋愛で失敗した経験があるでしょう。

これからの相手探し

これからの相手探し

45歳から相手を探し始める場合、周りの人たちから紹介してもらうということはなかなか難しい面があります。しかし、趣味の集まりなどで出会う機会はないとは言い切れません。

今まで趣味をあまり持ったことがないという方は、趣味を見つけて、参加してみるのも良いでしょう。地域の清掃活動でも良いですし、低い山をハイキングする登山サークルもおすすめです。

また、絵をかいたり、写真を撮ったりする集まりも人気がありますので、参加してみると良いでしょう。積極的に趣味を見つけて参加することで、気持ちも高揚してくるものです。

また、共通の趣味を持つ人同士なら、すぐに打ち解けることができるでしょう。

本気でパートナーを見つけるなら

45歳から出会いを求めるとなると、相手もそれなりの覚悟をもって応じることになります。交際だけでなく結婚という選択肢も入ってくるでしょう。

もし、あなた自身が生涯のパートナーを探したいと思っているのなら、その目的で出会える機関を利用するべきです。例えば、結婚相談所に登録すれば、自分に適した人を紹介してもらうことができるでしょう。

結婚相談所ではいくつもの出会いの種類があります。

お見合いパーティーで出会ったり、アドバイザーの紹介でマンツーマンのお見合いをしたり、自宅に紹介状が届いたりするので、その中から気に入った相手を見つけ出していくのです。

お見合いパーティーについて

お見合いパーティーについて

結婚相談所によっては、定期的にお見合いパーティーが開かれています。お見合いパーティーとは、たくさんの男女が集まり、話したりお酒を飲んだりして打ち解ける場のことです。

一度にたくさんの人たちと話すことができますので、きっと気に入る人が見つかることでしょう。また、見た目を重視したいという方や、話した雰囲気で相手のことを判断したいという方にとってはピッタリの方法です。

結婚相談所によっては、テーマを決めてお見合いパーティーを開いてくれます。

例えば、40歳以上限定でお見合いパーティーを開いたり、趣味で写真をしている人たちでお見合いパーティーを開いたりするため、自分の興味が湧くものを選べるのも嬉しいところです。

特に40歳以上など年齢が限定されているものなら、若い中で浮いたりするといった心配なく、気軽に参加することができます。

適した人を紹介してもらう

適した人を紹介してもらう

結婚相談所の良いところは、自分にとって相性の良い人を見つけ出してくれるという点です。お見合い専門のアドバイザーが、相性のよさそうな相手を見つけ、紹介してくれるでしょう。

写真やプロフィールを見て、気に入ったらお見合いというステップへと進んで行きます。また、お見合いにおいては仲介者が最初立ち会ってくれるので、緊張しやすい人でも安心してお見合いをスタートさせることができるでしょう。

お見合いをして良い雰囲気の人だと思ったら、何度かデートを重ねて本格的に交際していくかどうかを判断していきます。

気に入らない場合も、アドバイザーに報告するだけで済みますので、相手に対して電話で断ると言った心苦しさを背負う必要もないので、本当に気に入った人を探し続けることができるでしょう。

紹介状の郵送

結婚相談所によっては、自宅に紹介状が郵送されてくるケースもあります。なかなか結婚相談所へ訪れることができない人や、自宅でじっくり検討してから、お見合いするかどうかを決めたいという方、家族にも意見を聞きたいという方にとってはピッタリのサービスです。

また、紹介状で送られてくる人は、結婚相談所にあらかじめ伝えておいた好みや条件などをクリアしているため、見当違いの人とお見合いをさせられるということはありません。

自宅に居ながらパートナーを探すことができるのも、大きなメリットと言えるでしょう。

バツイチでも安心

バツイチでも安心

45歳で独身というだけでもハードルが高いように感じてしまいますが、結婚に失敗してバツイチを背負っている人にとっては、婚活はさらにハードルが高くなるように感じるのではないでしょうか。

確かに、特定の人にとってはバツイチというだけでNGと捉える人もいらっしゃいます。しかし、45歳という年齢ですから、一度や二度結婚を経験していて当たり前です。

お付き合いをしていく中で、自らバツイチということを告白することは容易ではありませんが、結婚相談所ならあらかじめ個人のデータを後悔しているため、相手も納得したうえでお見合いし、交際してくれるのでその点は不安なく話を進めることができます。

まとめ

45歳の恋愛の実情や、婚活、結婚へのアプローチについてご紹介しました。

さまざまなことを経験したうえで、現在独身という状態になっていると思いますが、それぞれの状態によりクリアにしておくべき課題は違います。ひとつひとつクリアしていくことで、次の恋愛や結婚はより良いものになっていくことでしょう。

大切なのは、「45歳だからもう無理だ」と簡単に諦めてしまわない事です。45歳でも魅力を持っている人たちはたくさんいらっしゃいますし、恋愛を楽しんだり、結婚したりする人たちもいるのです。

良い人と巡り合いたい、次の恋愛はもっと楽しく満喫したい、生涯のパートナーときちんと向き合いたい。そう感じて行動に移すのに、早いも遅いもないのです。

45歳という年齢なら、さまざまな人生経験を積み重ねてきたことでしょう。それを最大限に活かし、味方につけることで、きっとこれからの人生はより良くなっていくはずです。

45歳だからこそ、より良い人生へと繋げるためのスタートを切っていきましょう!

  1. 結婚しない組の中でも先に結婚したい。
  2. 結婚できないのではなく、しないと強がっている自分
  3. あの子だけは結婚しない、できないと思っていたのに
  4. 本気で結婚相談所を考えるようになった
  5. 恋愛対象の出合いはない
  6. バツイチ子持ちとの結婚の考えるようになった
  7. この先 自然に結婚対象の出会いはあるのか?
  8. 今の彼とは結婚はなさそうな予感
  9. まだ白馬の王子様が迎えに来てくれると少し期待している
  10. 親を安心させたい。できれば孫を見せたい
  11. 親の老後、自分の老後を考えてしまう
  12. 過去の恋愛のトラウマが消えない
  13. 理想が変わってきた。平凡、普通にちょっと憧れる
  14. 独りで生きる人生設計を組んでいる
  15. 45歳は10人中8人~9人が結婚しているのか・・
  16. 独りなれしている自分がいる
  17. 婚活をしてきたが疲れた、自分に合う結婚相談所を見つけたい
  18. 子供が欲しい!が諦めるしかないか
  19. あの時結婚していれば良かったかな~と最近思う
  20. 結婚歴ナシよりも、バツイチの方か良かったかも・・
  21. 45歳で諦めたけどやっぱり諦められない

こんな気持ちの方は 今すぐ行動が必要です。
まずは無料診断、無料資料請求、無料登録等をしてみて仕組みなどを知ること
その後、じっくり検討して婚活スタートです。
私も婚活サイトで出会い、結婚しました。悩むより動くことが大切でした。
婚活マガジンの 結婚相談所、婚活サイトの比較、人気をチェックしてみてください。

結婚サービス比較.com