医者と結婚したい!結婚観を知って出合う方法とは

医者と結婚したい!結婚観を知って出合う方法とは

理想の結婚相手の職業で不動のナンバーワンを保っているのが医者です。国家資格に合格しなければ医師免許はもらえないので、頭の良さでは弁護士に引けを取りませんし、また医科大学で勉強するには一般の大学よりも学費が高いですが、それをカバーできる家の経済力や医者になった後の収入の高さなど、メリットを上げればキリがありません。

こんな好条件をたくさん揃えているのならば、結婚したい女性が放っておかないのも頷けますね。一昔前では医者は忙しく出会いが少ないため、結婚は良い家柄の女性とのお見合いで決まる事がほとんどでしたが、今ではお見合いする割合が多少減少した分一般女性も出会う可能性が高くなりました。

そこで気になるのは、どこで医者と知り合うのかと、付き合えたらどうやったら結婚まで行き着くのか、という事ですよね。そこで、医者の結婚観や医者と出会えるポイント、付き合い方の注意などを挙げました。

医者と結婚したいけど機会がない、と思っている方はぜひ参考にしてください。

出会いのない医者が多い事実

出会いのない医者が多い事実

医者の女性関係は、恋人が次々変わって途切れないほどモテるというイメージが大きいですよね。

平成22年度の厚生労働省の医師数調査では29歳未満から70歳以上の男性医師総数は22万7千人で、その3分の1が独身と想定すると7~8万人となります。

一見多いように見えますが、同年の28歳から40歳までの未婚女性数は825万人なので、単純計算すれば医者と結婚できる確率は1%です。

その数少ない中でも医者は仕事や勉強に忙しく病院外の女性と会う機会すら持てない方がたくさんいますが、それを逆に上手く利用できれば、他の女性よりも一歩リードして医者と出会い結婚する事も可能です。

医者の結婚観

医者の結婚観

医者が恋人になりたい女性は非常に多く、医者にとっては選り取り見取りです。その中で恋人に選ぶ女性は、やはりとても綺麗な見目の良い女性が多いです。

しかし、だからといって恋人同士になったからそのまま結婚まで行き着くか、というとそうでもないのがポイント。

医者の結婚観は理系らしく恋愛と結婚ははっきり別物だという理論に基づいているのが特徴で、恋人は連れて歩いて自慢でき楽しい時間をすごせる綺麗で派手で人を楽しませるのが上手な女性を選びます。

しかし頭が良いので、この恋人と結婚して家庭でもこんな調子では困る、というのを承知しているのです。

自分は仕事が忙しいがしっかり稼ぐ代わりに、結婚相手には家の事を全て任せても安心して仕事に行けるようなしっかりした女性を望んでいるのです。

医者が結婚したいと思う女性像

医者が結婚したいと思う女性像

結局医者が結婚相手として見る理想の女性像は、夫が仕事で稼ぎ妻は家庭を支えるという昔からの結婚像や家庭像を理解して実行できる女性、という事になります。

男性は何よりも仕事を優先し、医者ともなればその仕事は多忙を極めるので、その忙しさを理解し家庭内の事は自分を煩わせないよう全て妻が仕切り、家に帰れば心配事のないリラックスした空間をつくって欲しいと思っているのです。

今は夫に仕える妻というパターンを好まない女性がほとんどなので、並の女性では難しいかもしれませんね。

ですから、そんな実情を良く知っている医者の娘や、一昔前の結婚スタイルに異議を唱えないような家柄の女性と結婚する事が多いのです。

また医者になるには多額の学費が必要ですが、それを支払える程度に経済力のある家と釣り合うような家柄の女性を探すため、医者の結婚はお見合いスタイルがいまだに一般的なのも通常の婚活とは違うポイントです。

医者の収入のみを見るのはNG

医者の収入のみを見るのはNG

医者と結婚したい一番の理由は、何よりも収入が高い事でしょう。

医者の平均年収は1200万前後で、開業医ならば更に収入が高くなるのを見れば、安定した暮らしとともに独身時代以上に趣味や旅行・買い物が出来る、何て思っている人がいるかもしれません。

しかし、「医者」「年収」というキーワードにしか目を向けないような女性は、独身男性医師から敬遠されるのは当たり前だと思いませんか。

両親も医者で跡を継ぐために医者になったという方もいますが、多くは人の命を助けたいとい夢や志を持って医者となり自己犠牲を厭わない方です。

年収は結婚後の生活を考えると確かに大事ですが、それよりもその人の内面の優しさや夢を実現するための努力に対して、尊敬の念を持って接すれば好印象を抱いてくれるでしょう。

医者と出会う方法1 医療関係に勤める

医者と出会う方法1 医療関係に勤める

若い男性医師の中には、仕事が忙しすぎて職場と家の往復のみなんていう方もいます。そんな医者が多ければ出会える場所も限られてくるのを考えると、その限られた中でも高確率で出会いがあるのはやはり病院や医療関係機関です。

今流行りの医療事務の資格を取って働くのも良いのですが、医療事務は事務局内の仕事ばかりなので医者が活動するエリアとは異なり、そう頻繁に医者と出会える事は少なそう。

医療機関で働いて出会いを狙いたいのならば、少し頑張って看護婦を目指してみては。看護婦は難しくても准看護婦ならば比較的容易に国家資格を取る事ができますし、社会人から准看護婦を目指している方も少なくありません。

医者と出会う方法2 セレブ専用の結婚相談所

医者と出会う方法2 セレブ専用の結婚相談所

平均よりも高い収入を入会条件に挙げている結婚相談所に入会するのも、一つの方法です。

資料請求していろいろな条件を見てみるのもいいかもしれません。

医者が多く入会している結婚相談所の代表といえば誠心ですが、男性会員の30%が医者という多さが特徴です。その他にも医者専用の結婚相談所などもありますが、このような結婚相談所ではイベント参加費やお見合い料が男性よりも女性の方が高いのがポイント。

それはちょっと、という人は普通の結婚相談所で高収入の条件を挙げれば医者が見つかる可能性があります。ただし、自分が希望を出すように男性医師も女性に対する希望を出してきますから、それにマッチするように努力する必要があります。

誠心 サンセリテ青山、キューピッドクラブ等セレブ系結婚相談所の無料資料請求はこちら

医者と出会う方法3 医大生との合コン

医者と出会う方法3 医大生との合コン

医師国家資格試験の合格率は90%以上と言われていて、つまり医大生のほとんどが医者になるわけです。

ですから医者になる前に青田買いをしよう、と考える女性も少なくありません。

進学校出身ならば医学部に進む生徒も何人か必ずいますから、そのつながりで合コンを持ちかけるやり方もあれば、看護学校や看護学科の友達に医大生との合コンがあったら参加したい、と強烈にプッシュしておくなんて方法もあります。

ただし社会人になってしまえば直接医者と合コンした方がいいですね。

自分と結婚してメリットがあると思わせる

自分と結婚してメリットがあると思わせる

上に述べたように独身男性医師は自分がそれに煩わされず仕事に打ち込めるよう、家庭の事をしっかり取りまとめられる女性を妻に望んでいます。

いくら外見が良くても夫に頼りきりで家の切り盛りが出来ないような女性は、恋人として連れ歩けても結婚は無理というわけですね。

ですから一般的な医者との結婚イメージである「医者夫人としての優雅な生活」というものとはかけ離れていると考えてよいでしょう。反対にその点をついていけば、学歴や家柄がなくても十分結婚相手としてみてもらえる可能性があります。

自分がこの女性と結婚してメリットがあるか、と男性が思うようなポイントを挙げられるように努力しましょう。もちろんそれだけでなく、収入や職業を抜きにして男性の内面に添っていけるようなタイプであると自分をアピールする事も忘れないように。

まとめ

いかがでしたか。医者と言えども普通の男性と同じですね。しかし目を惹かれがちな収入や肩書があるために、本当の自分を見てもらえないと思っている独身男性医師も少なからずいるのです。

確かに医者と結婚するメリットは経済力やそのステータスが大きいですが、それを抜きにしてもその男性と結婚したいと思う気持ちを出すのが大事なのかもしれません。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較