結婚相談所で理想結婚相手の見つけ方と心構え

結婚相談所で理想結婚相手の見つけ方と心構え

昔は20代に入ると両親や親戚・近所の知り合いが、どこからともなく見合いの話を持ち込んできたものですが、今の婚活は昔のスタイルが非常に少なくなった代わりに、自分達で理想の相手を選べる手段がとても豊富になりました。

婚活といっても様々なタイプがありますが、恋人を見つけて甘い時間を楽しむような時間がないとか、とにかく結婚を目的として相手を見つけたい場合は結婚相談所が一番効率的です。

最近はテレビや雑誌でよく目にする事が増えて、トライアルの無料診断などもゲーム感覚で楽しめるため、成果を期待して入会する人が増えています。しかし入会したからといってすぐ結婚できるわけではなく、いつ結婚できるのかは個人と運によるとしか言えません。

また結婚を目的として様々な男女が出会うわけですから、中には期待していたのと違う、こんなはずじゃなかったとがっかりするケースも少なくありません。そんな事態を避けるためには結婚相談所に入会する前に色々な心構えが必要になり、これがあるとないとでは婚活の成果に大きな差が出てくるほど重要なポイントなのです。

その心構えをいくつかご紹介しますので、結婚相談所への入会を考えている方は是非参考にしてください。

まずは自分に合った結婚相談所のタイプを選ぶ

まずは自分に合った結婚相談所のタイプを選ぶ

結婚相談所といっても、大手から昔ながらの仲人スタイルを維持している所まで実に様々です。

結婚相談所は大きく仲介型・マッチング型・ネット型があり、自分の生活習慣や性格などで結婚相談所を選ぶ必要があります。

仲介型は、コーディネーターがいるので確実に結婚相手を見つけたい方や大人しくて自分から探せない方にはピッタリですが、人任せが嫌な人はマッチング型ネット型が良いでしょう。

マッチング型ネット型は自分で男性のリストを見て選べるのが最大のポイント。

メールを送り、相手から返事が来れば双方で会う日や場所を決めるシステムで、PC環境があればどこでも閲覧可能なのでコミュニケーション力のある方や忙しいけど相手を見つけたい方には最適です。

ただ2人だけの約束なのでドタキャンされる可能性も。自分に合うタイプはどれか、資料請求や口コミサイト・比較サイトを見てよく検討しましょう。

相手の条件を前もって決めておく

相手の条件を前もって決めておく

結婚相談所に入会する時には、自分のプロフィールだけでなく希望する相手の条件を詳細に記入する必要があります。年収から始まり身長・年齢・学歴・婚姻暦・喫煙の有無など普段イメージしないような部分まで書くので、前もってきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

ただしそれらを記入したからといって、その条件にぴったり合った人を見つけてくれるわけではありません。自分のプロフィールと釣り合いが取れないほど高い条件を挙げたり、妥協点を一つも許さないほど固執していると、最初は候補がいたとしても断り続けているうちに紹介される相手が減ってしまいます。

男性の条件を挙げるとともに、妥協できるポイントとできないポイントも決めておくと婚活がスムーズに進みやすくなります。

自分の夢中になれるものをもっておく

自分の夢中になれるものをもっておく

結婚相談所に入会する男性も女性も、仕事が忙しくて出会いがない・大人しくて自分から行動できない、そんな会員が多いです。

仕事が忙しい男性は年収も高いですから女性達が狙っていますが、このような男性に限って受身の女性を嫌います。自分の仕事が忙しいため、女性を気遣ってデートや連絡を欠かさない普通のカップルのような事が出来ず、自分の働きかけを待っているような女性よりも、夢中になれるものがあって1人でも寂しくない女性が好まれるのです。

勿論大人しい男性でも、同じ趣味を持っていて話が弾みスムーズに次のステップに進める可能性もあります。お見合いやイベントで男性と話す時にはそこを上手く話せるようにすると印象に残るので、楽しく続けられる何かを見つけましょう。

コーディネーターにはなんでも相談してみる

コーディネーターにはなんでも相談してみる

コーディネーターがいる仲介型の結婚相談所に入会する場合は、何でも相談してみるのが成婚への近道です。コーディネーターの仕事は入会した方が成婚するまでのサポートですから、相手を紹介するのはもちろん、婚活に疲れた時や自分はこれでいいのかと不安になる時に精神的にも支えてくれるのが特徴です。

また結婚相談所は基本的に1年単位または成婚したら退会というシステムなので、付き合っている期間も喧嘩になったりしっくりこないと思えばアドバイスが受けられ、異性と付き合った事のない方でも安心できますね。

ただし最初に結婚相談所を選ぶ時は、コーディネーターの写真が公式サイトにない結婚相談所は避けたほうが良さそう。

とにかく会ってみるのが大事

とにかく会ってみるのが大事

自分の写真写りは良い方ですか?悪い方ですか?プロでなければ大抵は写真写りがいまいちに映るもの。それは結婚相談所のプロフィールや写真にも同じ事が言えて、データ上だけでは本当の相手が分かりにくいのです。

プロフィールは素敵な人に見えても写真を見たらとても気難しそう、ぼんやりした顔だしプロフィールもあまり・・・なんて理由で断ってしまいがちですが、本当の顔写りや性格は紙の上では分からないですよね。

反対に年収が高くても会ってみたら性格がとても嫌な人だった、何て事もありえます。最初からどんどん断ってしまえば段々条件に合う相手も少なくなってきますので、とにかく試しに会ってみましょう。

何回か会えばコツが掴めるようになって、相手を判断しやすくなります。

絶対結婚相手を見つける!と焦らない

絶対結婚相手を見つける!と焦らない

結婚紹介所にかかる費用の平均額は30万円強と、思い切らなければ一括に払いにくい数字です。こんなにお金を使うんだから、絶対素敵な男性を見つけて結婚しないと投資した甲斐がない、何て思っていませんか。

年齢を考えると急がないと、と思う方もいるでしょうが、相手を見つけて結婚する事ばかりに執着すると、結婚後の生活を考えて年収や肩書き・職業ばかり目が行くようになり、初対面の相手にそのようなプライベート事項を聞いてしまうマナー違反を犯してしまいます。

そんな言動では男性側も自分の外側しか見ていない、とだんだん相手にされなくなっていきます。何よりその必死さが怖い男性もいますから、まずは結婚よりも色々な出会いを体験できる場所と考えて行動すると、良い結果が出るかもしれませんね。

ダメージがある事を理解しておく

ダメージがある事を理解しておく

結婚相談所で成婚までにお見合いする人数は、平均15人と言われています。中には2,3人目で決まる人もいますが、「男性会員は多いから、他にもっといい人がいるかもしれない」と考えるため絶対1人目では決まりません。そうやって条件やフィーリングに合わない人をお断りするのですが、反対に自分も男性側から断られる事もあります。

平均を例に取れば14人は断られるわけですが、大人になってダメと断られる事は結構ショックを受けますよね。

実際にそれが何回も続いて、もう結婚できないのかもと婚活疲れを感じる方も多いです。

しかし、すぐには決まらないんだと入会前に心得ておけば、断られるダメージも少なくすみ、後を引きずることなく次のチャンスへと移っていけます。

積極性をもって

積極性をもって

結婚相談所に入会する方は上に挙げた方に加えて、結婚する機会があるだろうと思っていたらいつの間にかこんな年齢になっていた、という受動的タイプの方も少なくありません。

結婚相談所は入会すれば必ず結婚できるわけではないので、このようなタイプの方が入会してもコーディネーターに紹介されるままにお見合いをし、なんとなく違っていたから断るのを繰り返すパターンがほとんど。

これでは何のために入会したのか分かりませんね。恥ずかしいのは分かりますがそれは男性も同じ事なので、男性に任せるのではなく自分からも少し積極的に行動を起こした方が、好印象をもたれやすくなります。

まとめ

いかがでしたか。結婚相談所に入会するとサポートや出会いの機会が増えるだけで、今までどおり自分の頑張りがメインなのは変わりません。

ただそのサポートがかなり大きな影響を与えるのは確か。ぜひ結婚相談所を上手く活用して、素敵な結婚相手を見つけてください。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較