お見合い後のデートで初回、2回目、3回目の行動、心構え

お見合い後のデートで初回、2回目、3回目の行動、心構え

婚活をスタートさせた方にとって、出会いは重要です。しかしそれよりも重要なのが、デートではないでしょうか。データマッチングや、紹介などでお見合いをした後、どのようなデートをするかによって、今後の関係性が変わってきます。

デートを重ねる度に仲良くなっていくケースもあれば、デートするたびに残念な気持ちになることもあるでしょう。また、相手から次のデートを申し込まれないケースもあります。

そこで、相手ともっと仲良くなるためにも、お見合い後のデートで初回、2回目、3回目の行動や心構えについての情報を詳しくご紹介していきましょう。

お見合い後がスタート

婚活を始めた方の多くが、周りに良い人がいないから出会いがないと思っています。出会いは難しいものだと感じていた方も多いでしょうが、実際にはお見合いで出会い、その後のデートこそが難しいものなのです。

お見合いで感じの良い人だと思って、ホッとしたのも、つかの間。デートでどのように接したらよいのか、わからないという方も多いと思います。

本当の婚活は、お見合い後にスタートするもの。デートの約束ができたなら、気合を入れて挑むようにしましょう!

初回のデートについて

初回のデートについて

婚活をスタートさせて、お見合いをし、意気投合してもう少し話してみたいなと感じたら、デートの約束をするのが一般的です。

お見合いで一緒に過ごす時間は、短いものだと40分、長くても1時間が相場です。では、初回のデートは何時間くらいを目安にするべきなのでしょうか。

初回のデートですから、あまり長い時間に設定するのは禁物です。2時間~3時間を目安にするとよいでしょう。

時間帯について

初回のデートの時間帯で適しているのは、ランチタイムやカフェタイムの時間帯です。いきなり夜だとお互い緊張してしまうことが多い為、カジュアルに接することができる明るい時間帯が良いでしょう。

ランチタイムなら、早めの11:30頃か、ランチタイムが落ち着く13:00前がオススメです。混雑を避けることができますし、急かされることもないので、ゆっくりとランチと会話を楽しむことができるでしょう。

また、カフェタイムなら、14時あたりから17時くらいまでの2時間~3時間を目安にしましょう。大通りを避け、路地裏や1本道を入った場所などのカフェを選ぶと、落ち着いて会話を楽しむことができます。

初回のコーディネート

お見合い後に初めてデートをする場合、仲介人がいないことがほとんどです。お見合いでは担当者が引き合わせてくれるため、写真しか知らない相手であっても、問題なく出会うことができます。

しかし、初回のデートの場合は担当者が引き合わせてくれることはありませんので、お見合いの時と大きく違った印象で待ち合わせするのは避けるようにしましょう。

できるだけお見合いの時と似たヘアスタイルやファッションで登場すると、相手も見つけやすくなります。お見合いの時と同じように、清潔感を心掛け、派手な色や柄は避けるべきと言えます。

会話について

初回のデートでは、2人きりになるのでお見合いの時とは違い、緊張してしまうこともあるでしょう。そんな時は、「緊張しています」と正直に話してしまうのがオススメです。

緊張していることを悟られまいと、じっと黙っていたり、目線をキョロキョロさせたりしてしまっては、相手がつまらないのでは?と誤解してしまうこともあるからです。

また、緊張していると告白することで、お互いにリラックスしあうことができます。

あとは、食べているものの味や、最近の出来事、趣味についてなど、お見合いで話したりなかったことを話していくと良いでしょう。

二回目の約束について

初回のデートで雰囲気が良く、次も会ってみたいと思ったなら、二回目のデートの約束をしてみましょう。約束をするのは、別れる時間の少し前がベストです。

女性なら「今日とても楽しかったので、また次にお会いできたら嬉しいです」と控えめに伝えると好印象になります。また、「今回はデートのお店を決めて頂いたので、次は私のオススメのお店をご紹介しますね」とデートプランを提案してみるのも良いでしょう。

相手も楽しいと感じてくれたら、自然と次の約束も話すことができます。

二回目のデートについて

二回目のデートについて

二回目のデートも、時間は2時間~3時間を目安にするとよいでしょう。

ただし、時間帯を変えてみるのをオススメします。ランチタイムに初回のデートをしたなら、カフェタイムに、カフェタイムにデートをしたなら、ディナータイムにしてみましょう。

初回である程度打ち解けている部分はあると思いますので、時間帯を変えることで、デートそのものの雰囲気を変えることができるので、お互いの印象を違った雰囲気で観察することができるのでオススメです。

少し個性を出してみよう

二回目のデートで心得ておくべきことは、少し個性を出してみるということです。お見合いや初回のデートでお互いに好印象を持っていると確信したなら、少しずつ自分の個性を出して、相手の反応をうかがってみるのです。

例えば、スッキリと髪をまとめている方なら、ダウンスタイルにチェンジしてみましょう。また、少し色を加えてみたり、帽子やバックなどのアイテムで自分の好きなジャンルを演出したりしてみるのもオススメです。

また、会話においても少しユーモアの量を増やしてみると良いでしょう。下品な会話は厳禁ですが、たくさんユーモアを交えて話すことで、お互いにもっと打ち解けた雰囲気で話すことができます。

三回目のデートは遠出

三回目のデートは遠出

二回目のデートでも良い雰囲気になれたなら、次は遠出のデートを提案してみましょう。遠出することで、一緒にいる時間が自然と長くなりますし、移動しながらだといろんな話をさらにしやすくなるからです。

朝から出かける場合は、お弁当など手料理を持参すると喜ばれます。家庭的な一面をアピールしたいという方なら、お弁当は必須アイテムですので準備は怠らないようにしましょう。

観光スポットやレジャー施設など楽しむことで、お互いの違った一面を知ることができます。はしゃいでいる様子や、ちょっと遊び疲れた様子まで見ることができるので、初回や二回目のデートとは全く違った雰囲気で過ごすことができるので、より人柄を知ることができます。

気になった相手には想いをアピール

三回目のデートで、どんどん惹かれていると感じ始めたら、デート中にさりげなく想いをアピールすることが大切です。「一緒にいて楽しい」「こんなにはしゃいだのは久しぶりだ」「〇〇さんと一緒だと、自然体でいられる」など、想っている気持ちは素直に言葉にしましょう。

積極的にアピールできる方なら、三回目のデートで手を繋いでみるのもオススメです。ストレートな表現に相手は照れてしまうかもしれませんが、相手も惹かれはじめているのなら、嫌な気分にはならないものです。

三回目のデートを成功させることができれば、あとは真剣交際へと発展しやすくなりますので、本格的に付き合いたいと感じた場合は三回目のデートできちんと想いを表現できるようにしましょう。

まとめ

このように、お見合い後のデートで初回、2回目、3回目の行動や心構えについてご紹介しました。それぞれのデートで気を付けるべき点はたくさんあります。それらをひとつひとつクリアにすることで、次のデートはもっと楽しくなることでしょう。素敵なデートを重ねて、真剣交際へと発展できるよう、がんばってくださいね。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較