弁護士と結婚する方法 婚活から出会い結婚まで

弁護士と結婚する方法 婚活から出会い結婚まで

女性が思う理想の結婚相手の職業といったら、どんな職業を思い浮かべますか?

医師・実業家そして士業が3本の指に入るのではないでしょうか。士業とは、弁護士・税理士・司法書士・弁理士・行政書士・土地家屋調査士・社会保険労務士・海事代理士の8種類が最も一般的な、高度な専門性と公益性を有する国家資格を指しますが、婚活での人気ナンバーワンは弁護士で、知的・真面目な印象が女性たちを惹きつけるのでしょう。

しかし、弁護士とプライベートで会おうとしてもツテがなければ中々難しく、結婚に至るまでは他の人気の職業と違ったアプローチが必要になりそうです。

そこで、弁護士の男性が好む女性のタイプから、出会う方法・付き合う上で気をつけるポイントまで細かくご紹介します。弁護士と結婚したいと考えている方は是非参考にしてください。

弁護士ってこんなタイプの男性

弁護士ってこんなタイプの男性

弁護士は医者のように裕福な家庭をバックグラウンドに持つ必要はなく、自分の勉強しだいで弁護士になる事が出来るため、普通の一般家庭や奨学金制度を利用して弁護士になった方も多く、理想の結婚相手の中ではかなり価値観の合う方だと思われます。

また、弁護士になる勉強が非常に難しいために、女性とのお付き合いが少ないのもポイントです。弁護士になるには大学卒業後に法科大学院に進んで2~3年勉強してから司法試験を受けます。

それで終わりではなく、受かっても1年の司法研究所で司法修習をしなければならず、更にその後修了試験を受けてやっと弁護士に慣れることが出来るのです。

大学から勉強を始めるとすると遅い人では10年以上勉強しなければならず、その間は女性とデートする暇もありません。弁護士になるまでの間の苦労を耐えられる真面目さと忍耐強さ、そして知性を兼ね備えているのが弁護士なのです。

弁護士が結婚したい女性像

弁護士が結婚したい女性像

弁護士の男性は勉強漬けになる時間が長いため、大学で彼女を作りそのまま結婚するかそうでなければ軌道に乗るまで独身のままという方が多いです。

法律事務所の事務員と結婚するパターンもありますが、40代前後になってやっと結婚を考え出す人も少なくありません。そんな弁護士の方が理想とする結婚相手は、見た目ではなく控えめで堅実である事を重要視します。

何かトラブルを抱えている人・困っている人を助けるのが弁護士の仕事ですが、その妻が派手派手しい格好をしていれば夫である弁護士の信頼も落ちてしまいますね。

この信頼を落とさない、というのが弁護士にとってはかなり重要で、でしゃばらず控えめにしかしサポートは影でしっかり出来る、落ち着いた雰囲気を持つ女性が好まれます。

弁護士と出会える方法1 結婚相談所

弁護士と出会える方法1 結婚相談所

あちこちの結婚相談所に弁護士の方が出会いを求めて入会していますが、確実に数多く弁護士を見つけたいのならハイクラスをメインにした結婚相談所を選ぶのが効率的です。

大手で言えば、医師や弁護士などエリート専門結婚相談所である誠心がとても評判が高いのですが、ここは男性が高学歴・高収入の方がほとんどなのに対して女性はOLが半分以上など、女性側の条件が厳しくないのも大きなポイントと言えるでしょう。

それから入会条件に年収を挙げている結婚相談所もその一つで、サンセリテ青山は収入が700万円以上、マリッジクラブ・ウィッシュは600万円以上となっているため自然と高収入の男性が集まりやすくなります。

平均年収は1100万円という弁護士も、そちらの方に入会している可能性が高いですね。

サンセリテ青山・マリッジクラブ・ウィッシュ無料資料請求

弁護士と出会える方法2 婚活パーティに参加

弁護士と出会える方法2 婚活パーティに参加

弁護士は非常に忙しいので、結婚相談所に行ってコーディネーターとの面談をする暇もない方は、結婚相談所よりも婚活パーティサイトに登録している事も随分多いです。

確かに紹介されるのを待つ結婚相談所よりも、気軽に参加できる婚活パーティの方が弁護士との出会いも多くなりますが、パーティサイトに登録する時には注意が必要です。

ハイクラス限定・エリート限定と銘打ったパーティは数多いですが、申し込みをする前にはサイト運営会社の会社概要を読んで、実績のある信頼に値するサイトがどうかを確認しましょう。

その際に身分証明や本人確認を必ず行うような所を選ぶと、失敗がありません。

このような婚活パーティは女性料金は男性料金の半額以下であるのがほとんどなので、まずは大卒や年収・職業を限定したパーティに参加してみましょう。

弁護士と出会える方法3 異業種交流会

弁護士と出会える方法3 異業種交流会

異業種交流会とは聞きなれない名前かもしれませんが、字のとおり様々な業種の人が集まるパーティで人脈を作るのを主目的としていますが、これを出会いの場とする参加者も少なくありません。

お互いの名刺交換から始まるため、相手がどの程度の人物なのかを仕事面から見る事が出来るのが、結婚相談所や婚活パーティとは違う大きな特徴と言えるでしょう。

弁護士という仕事柄、名刺をもらっても次のステップには取っ掛かりがないと進みにくいのですが、弁護士が必要な人がいたら紹介する・合コンを持ちかけるなど1対1ではない関わり方をしていくと、好印象をもたれるようになります。

パーティでは大人しめなタイプを狙ってみる

パーティでは大人しめなタイプを狙ってみる

イベントや婚活パーティなど大勢が参加する企画では、弁護士の方はあまり目立ちません。

このような企画はどうしても場の雰囲気を盛り上げやすい明るい人や見目の良い人が人気ですが、弁護士は色んな合コンに呼ばれる機会が多いため、あまりがっついて相手を探そうとしないのが態度にも表れ、落ち着いた理知的な雰囲気を崩しません。パーティの参加者としてはちょっと近づきにくいのですが、1対1で話してみると結構面白くて第一印象がガラッと変わるほどです。

様々な案件を処理や調整を1人で行うため、大勢よりも個人でいた方が魅力的なのが弁護士なのです。婚活パーティに参加する時は、大人しめで頭のよさそうに見える男性に注目してみましょう。

パーティ中は人気の参加者に集中してしまいがちですが、そのタイプではないので2人でゆっくり話せる時間も取れそうですね。

知的な雰囲気を作る

知的な雰囲気を作る

弁護士になるには男性も女性も、良い高校から大学・大学院・司法試験といわゆる勉強のエリートコースを進みます。

このコースは医者や大企業勤務とは違って数がある程度限られているので、自然と周りは「出来る人」だらけになり、結果として結婚する相手にもそのような知的さを求めている節があります。

それじゃ私は無理、と思う方もいるかもしれませんが、夫の仕事をサポートするわけではなく、そういった知識よりも依頼者が見て安心できる品の良い態度や仕草、一般常識、控えめさといった「賢さ」を求めているといってよいでしょう。

そういった立ち振る舞いや特に言葉使いから結婚相手を判断しますので、自信がない人はマナー教室に参加してしっかり改善するのも良いでしょう。

職業でなく彼の内面を見るのが大事

職業でなく彼の内面を見るのが大事

弁護士を志している方は、弁護士という名のステータスが欲しいと言うよりも困っている人を助けたいという気持ちの方が大きいのではないでしょうか。

本人が重きを置いていないのですから、弁護士=ステータスと考えて婚活する女性を嫌がるのは当たり前です。弁護士という職業に釣られて、自分がどんな希望や夢を持って弁護士となったのかを共感できない女性は、いくら他の条件が当てはまっているとしてもお付き合いは出来ないでしょう。

弁護士だけでなくどんな職業であっても、職業名より内面を見るのが大事ですが、様々な人と接する事が多い弁護士だからこそ自分を見て欲しいと思うのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。しっかりした考えがなくただ弁護士と結婚したいだけでは、頭の良い相手ですから全て見抜いてしまうかもしれませんね。自分には足りない所があると思った方は、ぜひ気をつけて改善しましょう。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較