結婚を意識した時、結婚できるかと思った時の対処方法

結婚を意識した時、結婚できるかと思った時の対処方法

友人が結婚すると、急に結婚ということがリアルに感じてくることはないでしょうか?結婚を意識した時に、自分は結婚できるかどうか、わからなくなることもあるでしょう。

付き合っている人がいる場合は、この人と結婚できるかどうか、という考えになりますし、付き合っている人がいない場合は、この先結婚したい人と出会えるか?と考えになります。

そこで、結婚を意識した時、結婚できるかと思った時の対処方法についてご紹介していきましょう。さまざまな対処法を知ることで、不安な気持ちを払拭することができるはずです。

結婚を意識する時

結婚を意識する時

結婚を意識する時は、人それぞれ違いがあります。では、一般的にどのようなタイミングで結婚を意識するのでしょうか。比較的多いのが、「友人・知人の結婚でリアルに考え始めた」という意見です。

今まで一緒に遊んで時間を過ごした人が結婚するからこそ、自分の過ごし方にも変化が生じ、いつか自分も結婚したいという気持ちへと変化していきます。

また次の意見として「ふと気づくと、付き合い始めて5年が経っていた」というタイミングも数多く見られます。

同じ人と一緒に付き合っているからこそ、今後のことを気にし始めるのでしょう。長く付き合っているカップルほど、お互いの存在を居心地良く感じるものですから、結婚を自然に考え始めるのです。

最後に多い意見として目立つのが、「結婚適齢期を過ぎて焦りを感じ始めた」というものです。特にアラサーと呼ばれる28歳~33歳くらいの女性は、強く意識します。

このように、結婚を意識する時は人それぞれ違います。それぞれの立場で、適した対処方法を見つけていきましょう。

付き合っている人がいる場合

付き合っている人がいる場合

結婚を意識するタイミングとして、付き合っている人と長く交際していることから、「そろそろ・・」と考え始めることが多くあります。

平均して、3年~5年ほどお付き合いをしているカップルに多くみられるようです。長い期間付き合い続けられるということは、お互いの距離感がちょうどよく、居心地が良いということです。

このまま自然に結婚へと流れていきそうだと考えるものの、相手から何もアプローチがないと、どう切り出していいのか、わからなくなってしまいます。

そこで、付き合っている彼氏に対して、さりげなく結婚をアピールする対処法をご紹介していきましょう。

友人の結婚を話題に

友人の結婚を話題に

付き合っている人に、結婚を意識してほしいときは、さりげなく友人の結婚を話題に出してみましょう。「〇〇から、結婚式の招待状が届いたよ!嬉しい」と話したり、「結婚式、とっても素敵だった、感動しちゃったな」と感想を話したりするのも良いでしょう。大切なのは、さりげなくアピールするということです。結婚の話題を話しているうちにテンションが高まって、つい「私も結婚したい」と口走ってしまいそうになりますが、それを言ってしまうと相手はプレッシャーを感じてしまいます。そうならないためにも、まずはジャブとして軽い話題に留めておくようにしましょう。

家族について話す

家族について話す

結婚を意識した時に、付き合っている人が、結婚についてどう思っているかわからないと、結婚できるかと不安なります。

そんな時の対処法として、友人の結婚を話題に取り上げるということをご紹介しましたが、定期的にあげておきたい話題として、家族ネタもオススメしておきましょう。

自分の家族の話題だけでなく、相手の家族についても話してみると、お互いの育った環境や家族関係を知ることができます。

結婚するとなれば、家同士のお付き合いになるわけですから、リサーチも兼ねて話し合っておくようにしましょう。

相手の友人に会う

相手の友人に会う

結婚を意識した時、結婚できるかと思った時の対処方法として、付き合っている人の友人に合わせてもらうということがあります。友人に会い、仲良くなることで結婚へのサポートをお願いすることができるからです。

本人同士で結婚の話題を取り上げることに、気まずさを感じることはありますが、友人が「いい子だね、結婚しちゃいなよ」と後押ししてくれると、本気で考えられるようになります。

その点でも、早めに友人に合わせてもらうことが大切です。

家族に紹介

結婚を意識した時、結婚できるかと思った時の対処方法として、友人をクリアしたら、次は家族に紹介してもらいましょう。

きちんとお付き合いをしている関係なら、交際の報告をすることは自然なことです。また、相手のご家族に気に入ってもらうことができれば、周囲の強力なサポートがつくようなものです。

本人にまだ結婚という自覚がなかったとしても、家族から「あの子なら、いいんじゃない?」とプッシュしてくれます。また、自分の家族に合わせることも大切です。

自分では言いにくいことも、母親に「あの子もいい年になってきたわね・・」とさりげなくアピールしてもらうことで、結婚を意識しやすくなります。

結婚したくない相手だった場合

結婚したくない相手だった場合

お付き合いをしている方と、結婚したいと意識し始めたとき、さまざまなアピールをしたものの、結婚に難色を示す人もいます。急に結婚という言葉を出されて戸惑ってしまったり、結婚そのものをリアルに感じられなかったりするからです。

そのような態度が見られた場合は、深追いせず、いったん結婚という話題からは遠ざかるようにしましょう。人の意見は徐々に変化していくものですから、年月とともに相手の気持ちも変わっていくこともあります。

お付き合いをしている人と、絶対に結婚したいと思うのなら、長期戦でアプローチし続けることが大切です。

きっぱり別れるのもOK

結婚を意識した時でも、相手からNOと言われることはあります。そんな時は、思い切って別れてしまうこともひとつの選択肢です。

結婚する意志がない人と一緒にいたからといって、必ず結婚できるとは限らないからです。結婚できるかと思っていたけれど、それが無理なら、結婚の意志がある人とお付き合いをした方が確実と言えるのではないでしょうか。

長年付き合ったから、必ず結婚できるとは限りません。だからこそ、きっぱりと別れることも大切なのです。

結婚できるか不安なら

結婚できるか不安なら

お付き合いをしている人がいなくて、これから結婚できるか不安になっている方は、婚活をスタートさせてみましょう。ひとりでモヤモヤ考えていても、事態が好転することはありません。

自ら行動しなければ、幸せを掴むことはできませんので、積極的に婚活していくことが結婚への早道と言えます。最近は、婚活の方法も幅広く、自分に適したものを選べるようになりました。

定番の結婚相談所といったスタイルから、婚活サイト、お見合いパーティー、街コンなど、いろんなスタイルがありますので、試す価値はあると言えます。

婚活なら、自分の周りでは出会えないタイプの人と出会うことができるので、選択肢や価値観の幅も広がるでしょう。

まとめ

このように、結婚を意識した時、結婚できるかと思った時の対処方法についてご紹介しました。

人それぞれ状況が違いますので、適した対処方法を実践していきましょう。お付き合いをしている方は、相手に結婚する意志があるかどうかを確認することが最優先となります。

また、相手がいないという場合や、お付き合いをしている方が結婚を考えていない場合は、結婚相手を探すための婚活をスタートさせるのがオススメです。

ひとつずつ、確実に行動していくことで、結婚のゴールはどんどん近づいてくることでしょう。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較