経営者・社長と結婚する方法 婚活から出会い結婚まで

経営者・社長と結婚する方法 婚活から出会い結婚まで

東京商工リサーチが全国265万社の社長の年齢や会社の収益などの抽出・分析を行ったところ、まず30代以下の社長は全体の4.0%つまり10万6千人で2009年から年々減少しているとの事。

全体の平均年齢は60.6歳と上がっているので、この不況の中で若い人が創業しづらい状況であるのが分かりますが、その反対に増収増益比率が一番高いのがこの30代以下の社長で、38.2%にのぼるのが特徴です。

つまり人数が少なくても着々と利益を上げ、一人当たりの収入もかなり高いというわけですね。ITやネット販売・情報サービスなどの新しい情報通信業や、不動産投資など昔からの職業でも新しい側面から参入できる分野では若い社長が多く、アイデアと自分の能力で事業を広げてきたイメージが強いです。

そんなリーダーシップとぐいぐい引っ張ってくれる行動的な部分、そして高い年収が婚活女性の目からとても魅力的に見えるのでしょうか、経営者社長と結婚したいと願う女性も少なくありません。

しかし仕事もプライベートも充実し完結している社長の結婚相手に選ばれるのは並大抵の事ではなく、かなりの努力が必要になります。それではそんな社長との出会い方や理想の女性像などを見てみましょう。

ワーカーホリックなのを理解する

ワーカーホリックなのを理解する

社長はものすごく忙しいです。忙しいとされる商社マンや銀行員などとは比べ物にならず、平日は睡眠時間と食事時間以外は全て仕事に費やしている社長がほとんどと言ってよく、ワーカーホリックと自称する人も大勢います。

確かに社員全員への責任感もありますが、自分の力一つでどこまで業績を上げられるのかと常に自分自身に対して挑戦を続けている社長が多いのがワーカーホリックという言葉に表れているようです。

ただ、休日はしっかり休んで趣味やリフレッシュに費やすなど、オンとオフの切り替えがはっきりしているのも出来る社長ならでは、といったところでしょうか。

このような充実した仕事ぶり・暮らしぶりなので、恋人が出来たとしても仕事より恋人を優先する事は絶対にありえません。もし経営者社長と恋人になったとしても、普通の恋人のような事は出来ないので、婚活で社長を探す前によく考えた方がよいでしょう。

経営者社長の奥さんはこんなタイプが多い

経営者社長の奥さんはこんなタイプが多い

経営者と結婚したらお金の心配をしなくてよい、自分の好きな事が思う存分出来る、何て思う女性も多いでしょう。

しかしそれでは、経営者の妻は務まりません。

2011年の中小企業白書によれば、起業後5年以内に倒産する確率は18%で10年後は30%、20年後は50%弱と中々厳しく、今業績が良くても数年後はどうなるか分からない状態です。

また起業する際の初期費用だけで最低でも200万近く必要でその後も投資が必要になってくるので、投資額も大きければ倒産後の借金額も大きいハイリスク・ハイリターンであることが分かります。

経営者の奥さんはその事をきちんと理解して、もしもの時には自分が夫を支えられるよう心の準備が出来ているのが第一の大きな特徴です。

それだけでなく夫の忙しさも理解していますから、会えない時も不満を漏らす事なく家の仕事をこなしているような女性が多いです。

経営者社長の理想の結婚相手像

経営者社長の理想の結婚相手像

経営者はモテますが、外見や知的さの他に自分に厳しい分相手にもそんな部分を求める傾向にあります。

綺麗でも仕事より恋愛を何よりも優先する女性と普通の容姿でもきちんと仕事をしっかりこなして自立している女性ならば、経営者は後者を選びます。

経営者本人が忙しくて数時間しか会える時間が無いのを責めたり行動を把握しようとする女性は嫌がられてしまいますが、反対に後者のような恋人や夫に依存せずに自分1人の時間を楽しめるような女性は経営者の理想でしょう。

またハイリスクハイリターンの仕事なので、1人で充実しているといって気持ちが落ち込む事だってありますね。

そんな時に疲れた時も癒してくれて再びやる気を出させてくれる、そして苦労も一緒にしてくれるような女性が理想です。

知性を女性の条件に挙げる経営者が多いですが、頭の良さというよりも機転が利くという意味なのでしょう。

社長の結婚相手に年上が比較的多いのは、こんな理想像を持っているからなのかもしれません。

経営者社長と出会う方法

知り合いの経営者のツテで社長と出会う

経営者社長と出会う方法1 知り合いの経営者のツテを狙う

経営者は同じ経営者で集まる事が多いです。人脈は多いですから、知り合いはたくさんいても同年代でも会社員と経営者では立場が違いますよね。当然見解や話す内容も異なりますから、親しく付き合うのは同じレベルの人という事になります。

経営者が普段いる場所は会社以外にもカフェや流行のクラブ・レストランなどが多いですが、同じ場所にいただけで知り合うのは無理でしょう。

知り合いに規模は小さくても経営者がいるのならば、ぜひその人に色々な集まりに参加させてもらいましょう。

情報交換と人脈作りをかねた経営者の集まりはかなり多いので、チャンスも少なからずあるでしょう。

これはあくまでも仕事上の集まりであって婚活パーティーではありませんので、知り合いの方に「連れてきて失敗だった」と思われないような言動を心がけましょう。

社長と婚活パーティーで出会う

経営者社長と出会う方法2 婚活パーティー

高収入の男性や人気職の男性をメインとした婚活イベントを企画する会社では、ずばり独身男性社長限定のパーティーが開催されています。

一度に多くの経営者社長と出会えるので上手く行けば大変効率的ですが、社長側はここだけでなくとも出会いがたくさんあるので倍率もパーティー参加者数以上に高いと考えましょう。

ただし参加する女性はたいていが男性の年収や資産に目が向いてしまいますが、その中で自分がどういう人間であってどのように夫をサポートできるかを述べるようにすると、自立をよしとする経営者には好印象に残るでしょう。

それから、このような人気ある職業の男性とのイベントでは、参加費が男性よりも女性のほうが高くなるので、参加前には確認する必要があります。

社長と結婚相談所で出会う

社長と結婚相談所で出会う

経営者は見目がよく男性に人気の職業についている女性との合コンが多くとてもモテますが、選り取り見取りな分恋人としてならよくても結婚相手としてはいささか物足りない、という理由で結婚相談所に入会する経営者も多いです。

ただ、コーディネーターとのミーティングのためにわざわざ出かける時間も無いくらい忙しいので、仲介型よりは自分の好きな時間に条件に合った女性を選べるマッチング型の結婚相談所に入会する方が多い傾向にあります。

特に入会基準煮が厳しく、忙しい独身男性の目線に立って合理的に理想の相手と出会えるシステムを構築しているキューピッドクラブには、その信頼の高さから経営者を含めた高収入の男性が多く入会しています。

それから会員数が多く、相手の職業項目に「社長」があるオーネットも便利ですね。一方フェイスブックなどSNSなどで相手を探すネットに熟知したIT系経営者も多数いますので、様々な所を試してみては。

勉強会やセミナーに参加するして出会う

経営者社長と出会う方法4 勉強会やセミナーに参加する

経営者はこれで終わりという部分が無く自分を更にレベルアップしようと努力しているので、知識を得る事にはとても貪欲です。

ですから平日は仕事でも休日には勉強会やセミナーに参加して、知識を増やして会社に生かそうとしている経営者はたくさんいます。もし投資や株・資産運用に少しでも興味を持っているのなら、こういった類に参加してみてはいかがでしょうか。

これほど専門的でなくてもビジネスセミナーには様々な種類がありますので、興味を持ったものから始めてみてもよいでしょう。

ただし、あくまでもセミナーであって出会いの場ではないので、そこを注意する必要があります。

まとめ

いかがでしたか。社長といってもこれまでの努力があってここまで来れたのですから、その結果の年収だけを見て判断する女性よりも、その経過を見て共感してくれるような女性を選ぶのではないでしょうか。

肩書きや年収などの外面はひとまず置いて、その人の内面を見るようにすると相手も好印象を持ってくれるでしょう。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較