結婚雑誌:日本の結婚式の贈り物と服装

Marriage Magazine:日本の結婚式の贈り物と服装

贈り物 はさまざまな文化の伝統となっています。結婚式のゲストの中には、何を着て何を持っていくかについてまだ混乱している人もいます。場合によっては、あなたが受け取る結婚式の招待状は、通常、結婚式の贈り物として受け取りたいものについての新郎新婦の願いを示しています。 

それがどのように行われるのかまだ疑問に思っている方のために、MarriageMagazineの日本の結婚式での服装とギフトに関する一般的な経験則を以下に示します。

服装

結婚式に出席する際にゲストが着るべき服装については、暗黙のルールがあります。ゲストはリクエストに従うことが期待されているため、カップルのドレスコードまたはテーマの色に注意することが重要です。 

今、フォーマルな服装になると、覚えておくべき主なことは、白くならないこと、そして自分自身に注意を引くか、カップルを輝かせるようなものを着ないことです。常にエレガンスを第一に、ファッションを第二に考えてください。 

女性の方は着物がなくても気になりません。日本の文化ではツーピースセットは不運と見なされているため、シンプルで洗練されたワンピースドレスの方が適しています。 

また、ノースリーブの服もネガティブな意味ではなく、カジュアルすぎるからです。動物の革や毛皮も、結婚式で着用するには粘着性が高すぎることは言うまでもなく、殺害や死を人々に思い出させるため、許可されていません。

結婚式は非常に特別なイベントであり、あなたのベストを尽くすことは敬意を表するものと考えられています。髪を上に向けて、その場にぴったりの方法で身につけてください。エレガントな仕上がりの仕上げとして、シンプルなメイクをするのもいいですね。

男性のお客様は、新郎を引き立たせるために黒または濃い色のスーツをお選びください。ただし、黒のネクタイは葬式に関連しているため、着用しないでください。ビジネススーツはまだ適切ではないと見なされます。しかし、会議から結婚式に急いで行くことを避けられない場合は、アクセサリーを付けてフォーマルに見えるようにしてください。 

贈り物

おめでとうを夫婦にきちんと伝えるために、金封や贈り物を贈るのが伝統です。日本の特別な封筒の中に入れられた新しい請求書を使用することは一般的な礼儀です。 

幸運と見なされる8を除いて、ギフトのお金は奇数でなければなりません。金封は袱紗、特殊な絹の布、または絹のスカーフで包む必要があります。レセプションに到着したら、ゲストブックに署名する前にレセプションテーブルでそれを渡すことができます。

最近の変更は、結婚式のゲストに出席料を要求することです。料金は食事と会場の費用をカバーするために使用されます。現代の結婚式はそのスタイルを採用しており、この場合、金封は必要ありません。カップルが招待状でゲストにギフトのお金を持参しないように要求する場合があります。

招待客としてのあなたの役割は、夫婦の結婚を祝い、彼らの幸せを願うことです。あなたの存在は、夫と妻としての新しい旅で新郎新婦をサポートするあなたの方法です。