商社マンと結婚する方法 婚活から出会い結婚まで

商社マンと結婚する方法 婚活から出会い結婚まで

商社マンは日本で一番モテる職業といわれています。元は物を扱う商売人ですから対人コミュニケーション能力は抜群で、話題の豊富さや親しみやすい雰囲気など魅力にあふれているのは皆さんよくご存知でしょう。

また、商社というのは元々様々なメーカーから物を買い集めて必要な所へ売りさばくという仕事をしていて、世界ではある特定分野専門の商社というのはありますが、分野を問わない総合商社というのは日本だけの独自スタイルといえます。

そんな部分からもあらゆる商品に精通する知識や頭脳、そして年収の高さもコミュニケーション能力に付け加えられます。

こんな様々な面において優秀な商社マンならば、モテるのもさもありなんと言ったところでしょうか。商社マンは恋人としても結婚相手としても理想とする女性が多いですが、その分競争相手も多いです。

モテる相手にアプローチして結婚したいのならば、十分に相手の性格や行動を把握・分析して選ばれるためのポイントをしっかり抑える必要があります。

そこで商社マンと出会い結婚するためのポイントをいくつか挙げましたので、商社マンと結婚したいけど出会いが無いと悩んでいる方は参考にしてください。

商社マンと結婚するデメリットってあるの?

商社マンと結婚するデメリットってあるの?

人当たりが上手い・爽やかな雰囲気・高い年収・語学力・頭の良さ等々、商社マンについて見てみるとプラスのイメージしかありませんね。

しかし色々な人が色々な観点から見るのでどんな物事でもメリットだけというのは存在せず、もちろん商社マンにだって、付き合ったり結婚する上でのデメリットがあります。まずは出張・転勤・残業がとても多い事です。

仕事の波がありますが繁忙期に入ると連続で各地に出張を行い、残業で深夜に帰宅する事もざらです。

官公庁や銀行に続くエリートが入社するので、中間管理職になる前の20代・30代は戦力として期待され、本人も経験や人脈作りとしてどんどん仕事をこなし座る暇もないほどだとか。平均1200万円といわれる商社マンの年収は、基本給の高さもありますがそういった出張や残業の手当の部分が大きいからともいえます。

またモテる分、恋人や配偶者がいたとしても女性と遊び歩く人が多いというのも、結婚を考えればデメリットとなるでしょう。

商社マンが結婚相手に望むポイント1 順応力

商社マンが結婚相手に望むポイント1 順応力

海外勤務の可能性が高い商社マンは、結婚する相手にまず環境順応力を求めます。

今までの商社マンの海外勤務先は先進国がほとんどでしたが、世界の経済情勢や商社の仕事自体が変化した事もあって現在は発展途上国への赴任も増えています。

赴任国によっては夫婦一緒に活動する事も多いですが、治安や気候・衛生・食事など日本とまったく異なる環境に住むのを嫌がったり、途中で帰国してしまうようでは仕事に支障が出る可能性があるので、結婚相手としてはみなされません。

最近は外国語を習得している女性も多いですが言語は現地に赴任してからでも習得できるので、それよりは現地にどれだけ馴染めるかが相手を選ぶ上では大事です。

商社マンが結婚相手に望むポイント2 気配りのよさ

商社マンが結婚相手に望むポイント2 気配りのよさ

商社マンは夫婦で社内外の人と関わる事が多く、夫婦で参加した際に妻の上司への振る舞いが悪くて夫の評価が下がる、なんていうドラマのような話もありえるのだとか。

仕事上顧客だけでなく上司や部下との仲を円滑にするのはとても重要な事なので、夫だけでなく妻の女性ならではの気配りも必要になります。

海外赴任をすれば、国によっては妻がホステスとなってホームパーティーを開催しなければならない事も多々あり、そんな場合は妻の評価が夫の評価に直結するため商社マンにとって妻の気配りの良さというのは、自分の持つ武器の1つになりえるのです。

さらに料理が上手かったり綺麗な字を書く人など、様々な場面でちょっとした評価につながるポイントを押さえられるような女性を、商社マンはチェックしています。

商社マンが結婚相手に望むポイント3 明るく好奇心旺盛

商社マンが結婚相手に望むポイント3 明るく好奇心旺盛

商社マンは職業柄社交的なタイプが多く、場を盛り上げるのがとても得意で合コンでも目立っていますよね。彼らは仕事でもプライベートでも新しい物事に楽しく取りくむ明るさがあるので、結婚する女性もそんな明るい女性であって欲しいと思っています。

特に商社マンと付き合うと転勤や海外赴任など環境が激変する事もたびたびですが、それに対して不満ばかりを口にするよりも、その環境の違いを楽しんで日々生き生きとすごせるような女性なら、妻の心配をする事無く安心して夫も仕事に打ち込めますね。

仕事の忙しさや年収の高さを理由に、結婚したら専業主婦になって欲しいと考えている商社マンは多いですが、夫に依存するのではなく金銭面以外はしっかり自立して家庭を守って欲しいと考えています。

商社マンと出会う方法1 婚活パーティー

商社マンと出会う方法1 婚活パーティー

商社マンは合コンのお誘いも頻繁ですが、合コンに参加するのはまだまだ結婚する必要が無いと思っている方が多いですね。結婚したい商社マンは、たいていは医者・銀行員・士業と一緒にハイクラス限定のパーティーに参加しています。

このようなパーティーでは女性参加者も年齢制限や職業が限定されている場合があるので、条件に合わなければ参加できません。

その条件に合わない場合は、職業限定ではなく年収限定のパーティーに参加してみてはいかがでしょうか。商社マンも月末月初を初めとする繁忙期はとても忙しいですがそれ以外は結構時間に余裕があるので、繁忙期以外に行われるパーティーならば商社マンの参加者も増える可能性があります。

商社マンと出会う方法2 限定異種業交流会

商社マンと出会う方法2 限定異種業交流会

異種業交流会とは人脈つくりや情報収集のために、様々な業種と年代の方が集まる交流会の事です。

たいていの交流会は仕事目的で開催されるため、出会いも無いわけではありませんがその場で相手が見つかる事はほとんどなく、婚活目的で異種業交流会に参加するなら次の機会に繋げるきっかけを得る程度です。

しかしこの限定異種業交流会は仕事よりも結婚相手を探す目的の方が多く、参加者は商社・メガバンク・年収1000万円以上などの条件を満たす男性と20代の女性のみとなっているのが普通です。

パーティー参加の募集があってもすぐ埋まってしまうほどの人気ですが、条件が合うのならば是非参加してみては。

商社マンと出会う方法3 結婚相談所

商社マンと出会う方法3 結婚相談所

海外勤務を見据えて結婚相手にはある程度学歴が必要だったり外国語に堪能な女性を選びたいと考えて、パーティーや合コンで相手を探すと同時に結婚相談所に入会している商社マンもいます。

男性も女性も厳しい入会基準のあるキューピッドクラブや、入会男性会員の平均年収が1300万円というハイクラス専門のサンテリセ青山など、自分がハイスペックである事を踏まえてちゃんとした相手を選んでくれるコーディネーターがいる仲介型の結婚相談所に、多く入会する傾向にあります。

商社マンと出会う方法4 習い事

商社マンと出会う方法2 限定異種業交流会

商社と接待は緊密なつながりがあって、平日はもちろん休日もゴルフで接待するパターンが見受けられます。

学生時代からゴルフをしていた人なんてほとんどいないでしょうから、商社に入ればまずゴルフを習うとも言われています。また、英語が出来ても日常会話とビジネスで使う英語はまったく違いますから、入社と同時にビジネス英語を習う新人商社マンも多いです。

そんな風に知っておかなければならない事が広範囲に山のようにあるのが商社の特徴で、出世するには入社してからも勉強が欠かせません。ですから、自然に商社マンと出会いたいのなら、こういった習い事を通じる方法もあります。

また、ゴルフやビジネス英語だけでなく、内容によっては有利に働く習い事があります。

例えば生け花や着付けなどが出来ると、結婚して海外赴任する際には話題の1つとなって大変便利ですよね。そんな風に出会い目的で習い事をするなら、海外で受けがよさそうなものを選ぶと、いざという時に役に立つでしょう。

最後に

商社マンとの結婚はとても大変そうで無理だと思われた方がいるかもしれません。

しかし実際に商社マンが条件に挙げているものは多少なりとも女性は持っているものですから、そこをもう少し気を配り何でもチャレンジしてみてはいかがでしょう。結婚だけではなくて新しい自分が発見できるかもしれません。

ズバット結婚サービス001
ズバット結婚サービス
ズバット結婚サービス2

ズバット結婚サービス

  1. めんどくさがりの人へ 一括資料請求
  2. 90,000人が利用
  3. サンセリテ青山、キューピッドクラブ
    セレブ系結婚相談所の資料請求
  4. 厳選16社の内10社資料請求できる
  5. 知りたいだけでもOK
  6. 会社名の無い封筒に対応
  7. 無料資料請求

無料パートナー無料請求はこちら

結婚相談所比較